地域薬剤師卒後教育研修センター

概要
 長崎大学薬学部地域薬剤師卒後教育研修センター(以下センター)では、平成18年度から地域薬剤師を対象に卒後教育研修を開始することになりました。平成18年4月から、薬学6年制が開始されたこともあり、4年制卒業の薬剤師の更なる研鑽が求められています。現在、長崎県内では、様々な生涯学習講習会が講義形式で実施されております。そこで学んだものをより深めるためには、実習や演習が必要です。そこで、本センターでは、従来の研修には見られない実習および演習を主体とした研修を実施することに致しました。
 ぜひ自己研鑽のために本研修を受講していただきますようお願いいたします。今年度より第二期の研修会が始まりました。また、特別講師による公開講演会も開催しておりますので、その際には多数の参加を期待しております。
平成25年4月
長崎大学薬学部地域薬剤師卒後教育研修センター長 西田 孝洋