研究室紹介

機能性分子化学
機能性分子化学
生命薬科学専攻
機能性分子化学 研究室
Department of Chemistry of Biofunctional Molecules,
Course of Pharmaceutical Sciences
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/function/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール Tel Fax
柴田 孝之 助教
博士(薬学)
tshibata@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2440 095-819-2479
研究テーマ
  • 生体機能性物質に対する光学的分子認識用有機試薬の創製と病態解析に関する応用研究
  • 遺伝子及びタンパク質の解析に必要な超高感度画像計測技法の開発
  • 転写因子の調節機構の解明と臨床応用研究
  • タンパク質間相互作用及びDNA結合性タンパク質の解析研究
研究概要
我々は、生体機能の解明や病気の診断を目的として、超微量の生体成分を可視化できる「光る分子」を開発している。また、ウィルス病やプリオン病などに対する、人に感染する分子を標的とした創薬研究も行っている。このように私たちは、「機能を持つ分子」を研究することで、人々の健康に貢献しようと考えている。
代表論文
  1. Zhu Q, Yu Z, Kabashima T, Yin S, Dragusha S, El-Mahdy AF, Ejupi V, Shibata T, Kai M, Fluorometric assay for phenotypic differentiation of drug-resistant HIV mutants, Sci. Rep. 5: 10323 (2015)
  2. Azam MG, Yamasuji M, Krawczyk T, Shibata T, Kabashima T, Kai M, Chemiluminescence-imaging detection of DNA on a solid-phase membrane by using a peroxidase-labeled macromolecular probe, Talanta 139: 138-142 (2015)
  3. Yasmin H, Kabashima T, Rahman MS, Shibata T, Kai M, Amplified and selective assay of collagens by enzymatic and fluorescent reactions, Sci. Rep. 4: 4950 (2014)
  4. El-Mahdy AF, Shibata T, Kabashima T, Kai M, Dendrimer-like polymeric DNAs as chemiluminescence probes for amplified detection of telomere DNA on a solid-phase membrane, Chem. Commun. 50: 859-861 (2014)
  5. Rahman MS, Kabashima T, Yasmin H, Shibata T, Kai M, A novel fluorescence reaction for N-terminal Ser-containing peptides and its application to assay caspase activity, Anal. Biochem. 433: 79-85 (2013)