研究室紹介

薬品製造化学
薬品製造化学
生命薬科学専攻
薬品製造化学 研究室
Department of Pharmaceutical Organic Chemistry,
Course of Pharmaceutical Sciences
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/manufac/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール Tel Fax
石原 淳 教授
博士(工学)
jishi@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2426 095-819-2426
福田 隼 准教授
博士(薬学)
hfukuda@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2427 095-819-2427
小嶺 敬太
部局テニュアトラック助教
博士(薬科学)
keita_komine78@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2428 095-819-2428
研究テーマ
  • 生物活性天然有機化合物の合成と創薬研究
  • 創薬を目指した新規合成反応および方法論の開拓
研究概要
薬品製造化学研究室では、有機合成化学からの創薬、生命科学への貢献を目指し、特異な生物活性、化学構造を有する天然有機化合物の全合成研究とそれに必要となる有機合成反応の開発を行っている。これまでに、独自の方法に基づき、神経疾患治療薬、抗腫瘍薬、感染症治療薬の開発に役立つ天然有機化合物を数多く合成している。
代表論文
  1. Yoshimura H, Takahashi K, Ishihara J, Hatakeyama S: Unified synthesis of tirandamycins and streptolydigins. Chem Commun 51(95): 17004-17007, 2015
  2. Komine K, Nomura Y, Ishihara J, Hatakeyama S: Total synthesis of (−)-N-methylwelwitindolinone C isothiocyanate based on a Pd-catalyzed tandem enolate coupling strategy. Org Lett 17(15): 3918-3921, 2015
  3. Ishihara J, Nakadachi S, Watanabe Y, Hatakeyama S: Lewis acid template-catalyzed asymmetric Diels–Alder reaction. J Org Chem 80(4): 2037-2041, 2015
  4. Ishihara J, Tsuru H, Hatakeyama S: Total synthesis of (−)-dihydrosporothriolide utilizing an indium-mediated Reformatsky–Claisen rearrangement. J Org Chem 79(12): 5908-5913, 2014
  5. Ishihara J, Hatakeyama S: Total synthesis of oxazolomycins. Chem Rec 14(4): 663-677, 2014
研究業績