研究室紹介

細胞制御学
細胞制御学
生命薬科学専攻
細胞制御学 研究室
Department of Cell Regulation,
Course of Pharmaceutical Sciences
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/cell/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール Tel Fax
武田 弘資 教授
博士(歯学)
takeda-k@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2417 095-819-2472
谷村 進 准教授
博士(薬学)
tani1211@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2419 095-819-2472
米澤 朋 准教授
博士(農学)
yonet@nagasaki-u.ac.jp 095-819-8525
研究テーマ
  • ミトコンドリアのストレス受容・応答機構

  • 炎症制御におけるミトコンドリアの機能

  • マクロファージ系細胞の炎症誘導性細胞死の機構

  • 細胞運動の分子機構

研究概要
  生体はさまざまな種類や強さのストレスに対し、ある時は抵抗し、またある時は順応することでその恒常性を維持している。そのような生体のストレス応答能は、一つ一つの細胞に備わったストレス感受機構ならびにシグナル伝達機構によって担われており、それらがうまく働かなくなると、がん、糖尿病、神経変性疾患など、さまざまな疾患の発症に至る。本研究室では、ミトコンドリアという細胞小器官のレベルでのストレス受容・応答機構を中心に、細胞のストレス応答がどのような機構で制御されているかを研究している。
代表論文
  1. Honda S, Sadatomi D, Yamamura Y, Nakashioya K, Tanimura S, Takeda K, WP1066 suppresses macrophage cell death induced by inflammasome agonists independently of its inhibitory effect on STAT3, Cancer Sci. 108: 520-527 (2017)
  2. Sadatomi D, Nakashioya K, Mamiya S, Honda S, Kameyama Y, Yamamura Y, Tanimura S, Takeda K, Mitochondrial function is required for extracellular ATP-induced NLRP3 inflammasome activation, J. Biochem. 161: 503-512 (2017)
  3. Tanimura S, Hashizume J, Arichika N, Watanabe K, Ohyama K, Takeda K, Kohno M, ERK signaling promotes cell motility by inducing the localization of myosin 1E to lamellipodial tips, J. Cell Biol. 214: 475-489 (2016)
  4. Furuoka M, Ozaki K, Sadatomi D, Mamiya S, Yonezawa T, Tanimura S, Takeda K, TNF-α induces caspase-1 activation independently of simultaneously induced NLRP3 in 3T3-L1 cells, J. Cell. Physiol. 231: 2761-2727 (2016)
  5. Sadatomi D, Tanimura S, Ozaki K, Takeda K, Atypical protein phosphatases: emerging players in cellular signaling, Int. J. Mol. Sci. 14: 4596-4612 (2013) (Review article)