長崎大学薬学部

研究室紹介

ゲノム創薬学 研究室

ゲノム創薬学

Department of Genome-based Drug Discovery,
Course of Pharmaceutical Sciences


指導教員

氏名 Eメール
*[a]を@に変換してください
電話 FAX
岩田 修永 教授
薬学博士
iwata-n[a]nagasaki-u.ac.jp
城谷 圭朗 准教授
薬学博士
keiroshiro[a]nagasaki-u.ac.jp
渡辺 かおり 特任研究員
修士(保健学)
kaori-wi[a]nagasaki-u.ac.jp

研究テーマ

  • アルツハイマー病の病態メカニズムの解析と予防・治療薬および早期診断バイオマーカーの開発
  • ネプリライシンの内因性活性調節分子の探索と解析
  • アルツハイマー病の神経病理形成におけるダウン症関連遺伝子の機能解析
  • シナプスにおけるてんかん関連遺伝子PRRT2の機能解析
  • 真核生物の組織特異的遺伝子発現調節機構の解析

研究概要

 ゲノム創薬学研究室は「脳老化、プロテアーゼ、アミロイド、シナプス、ミクログリア、遺伝子発現制御」をキーワードとして、アルツハイマー病などの神経変性疾患や痙攣性神経疾患に関わる分子について、最適な実験材料(哺乳類細胞、初代培養細胞、ゲノム編集マウス、大腸菌、ウイルス等)と多様な解析技術を用いて、新たな治療標的を作用点とする創薬を目指して研究しています。

代表論文

  • Hatta D, Hori Y, Kurotaki N, Shirotani K, Iwata N: Activity-dependent cleavage of dyskinesia-related proline-rich transmembrane protein 2 (PRRT2) by calpain in mouse primary cortical neurons. FASEB J 34: 180-191, 2020
  • Shirotani K, Hori Y, Yoshizaki R, Higuchi E, Colonna M, Saito T, Hashimoto S, Saito T, Saido TC, Iwata N: Aminophospholipids are signal-transducing TREM2 ligands on apoptotic cells. Sci Rep 9: 4508, 2019
  • Kondo T, Imamura K, Funayama M, Tsukita K, Miyake M, Ohta A, Woltjen K, Nakagawa M, Asada T, Arai T, Kawakatsu S, Izumi Y, Kaji R, Iwata N, Inoue H: iPSC-based compound screening and in vitro trials identify a synergistic anti-amyloid β combination for Alzheimer's disease. Cell Rep 21: 2304-2312, 2017
  • Shirotani K, Asai M, Iwata N: Paradigm shift from diagnosing patients based on common symptoms to categorizing patients into subtypes with different pathogenic mechanisms to guide treatment for Alzheimer's disease. J Biochem 161: 463-470, 2017
  • Saito T, Matsuba Y, Mihira N, Takano J, Nilsson P, Itohara S, Iwata N, Saido TC: Single App knock-in mouse models of Alzheimer's disease. Nat Neurosci 17: 661-663, 2014

研究業績

2015年2016年 2017年 2018年
サイトTOPへ