長崎大学薬学部

学部長メッセージ

薬学部長 西田 孝洋(薬剤学教授)

薬学部長 西田 孝洋
(薬剤学教授)


長崎は鎖国の江戸時代に唯一西洋に開かれていたこともあり、シーボルトらにより近代医学・薬学が伝わり、長崎出島には薬草園も作られていました。出島を見おろす佐古の丘には、1861年には日本で最初の西洋式病院である養生所(長崎大学病院の前身)や医学所(長崎大学医学部の前身)が設置されました。さらに、1865年に理化学校を意味する分析窮理所が設立されました。長崎大学薬学部は、第五高等中学校医学部薬学科として1890年に創設され、2020年には創立130周年を迎えましたが、分析窮理所がルーツと考えられています。その長い歴史の中でこれまでに、2008年にノーベル化学賞を受賞された下村 脩博士を筆頭に多くの優秀な人材を輩出してきました。

長崎医学専門学校薬学科、長崎医科大学附属薬学専門部と、大きな変遷を経た後に、被爆の大きな危機を乗り越え、本学は1949年に新制長崎大学の薬学部として発足しました。その後、大学院修士課程(1965年)、博士課程(1986年)が順次加わり、2002年に、薬学系大学院は、医学系、歯学系大学院と統合され、現在の医歯薬学総合研究科として整備されました。薬学部はこの大学院医歯薬学総合研究科につながる学部組織です。さらに、薬学の内容が急速に複雑かつ多様になり、医療現場からの高資質な薬剤師の要求に伴い、この学問的、社会的環境変化に対応するために、2006年度から、薬学部の歴史始まって以来の大改革である6年制課程が始まりました。長崎大学薬学部では臨床薬剤師と研究者・技術者の育成を基本方針として、薬学科(6年制課程:定員40名)と薬科学科(4年制課程:定員40名)を併置しています。

長崎大学は、地球の健康(プラネタリーヘルス)に関する研究や活動を通じて、地球との共生を目指しています。長崎大学薬学部では「ヒトの健康をめざして」を標語に掲げ、未知の感染症・疾患などに関する問題点を解決するために、多方面と協働するプラネタリーヘルスマインドを持った人材を輩出することを目標に、日々教育・研究に励んでいます。具体的には、チーム医療の現場で活躍でき、地域医療に貢献する薬剤師や臨床薬学研究者・教育者、高度専門薬剤師を養成するとともに、創薬等に関する高度の専門的知識を修得し、医薬品の開発や供給などを担う研究者・技術者を養成することが目標です。このような環境の下での教育の結果として、薬剤師国家試験の合格率は常に高く、多くの人材を病院薬剤部、薬局に送り出してきました。一方、薬科学科卒業生の多くは大学院に進学し、その後、大学、製薬企業、官公庁、研究所等に就職して活躍しています。

新型コロナウイルスパンデミックにより、感染拡大防止を万全なものにするために、大学での教育・研究活動には厳しい対応が現在求められております。長崎大学では、従来よりインターネットを活用する学習管理システム(LMS: Learning Management System)をベースにしたeラーニング環境が整っていたため、オンデマンドコンテンツが充実しています。ZoomなどのWeb会議システムを活用する遠隔授業と組み合わせ工夫することで、学生と教員との双方向のオンライン教育を実践しています。今後は、新型コロナウイルスの感染状況に応じて、対面とオンラインの切り替えを柔軟に実施していきます。また、諸外国大学との学術交流にも大きな制限がかかっていますが、オンラインを活用する交流による活性化を図っています。

未知の感染症を含め様々な疾患を克服するために、将来、医療の場で高度な臨床薬剤師として活躍したい、あるいは医薬品の創製、健康・環境および関連分野の研究者・技術者として大いに活躍し、社会に貢献したいと考えている受験生の皆さんは、自分の適性を十分考えたうえで、長崎大学薬学部の6年制・4年制課程の目的にかなう学科を選択して入学され、夢を実現されることを願っております。
サイトTOPへ