研究室紹介

実践薬学
実践薬学
医療科学専攻
実践薬学 研究室
Department of Pharmacy Practice,
Course of Medical and Dental Sciences
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/hospital/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール Tel Fax
中嶋 幹郎 教授
博士(薬学)
mikirou@nagasaki-u.ac.jp 095-819-8570 095-819-8572
大山 要 准教授
博士(薬学)
k-ohyama@nagasaki-u.ac.jp 095-819-8569  
兒玉 幸修 助教
博士(薬学)
kyu-mode@umin.net (病)7248  
研究テーマ
  • 後発医薬品の適正使用に関する基礎的および臨床薬学的研究
  • 臨床での調剤・医療コミュニケーションを基盤とする実学研究
  • 医薬品の効果・副作用に関する評価法の開発
研究概要
「医療の場で役立つ薬学分野の実践的な研究を展開し、薬剤師の仕事を発展させる」ことを研究室のミッションに掲げている。主として、医薬品の効果・副作用を培養細胞や実験動物を用いて評価する新しい実験法を開発し、その評価法を用いて既に臨床で使われている製剤(点眼剤・注射剤など)の有効性・安全性に関する実験を行っている。
代表論文
  1. Araki R, Nakashima M et al, Investigation of protective effects of sodium hyaluronate eyedrop against corneal epithelial disorders using an electrophysiological method, J. Ocul. Pharmacol. Ther. 28: 251-258 (2012)
  2. Egashira K, Ieiri I et al, Food-drug interaction of tacrolimus with pomelo, ginger, and turmeric juice in rats, Drug Metab. Pharmacokinet. 27: 242-247 (2012)
  3. Araki R, Nakashima M et al, Population pharmacokinetic investigation for optimization of amiodarone therapy in Japanese patients, Ther. Drug Monit. 33: 750-756 (2011)
  4. Ueki T, Nakashima M et al, Cross-sectional study on relationship between constipation and medication in consideration of sleep disorder, Yakugaku Zasshi 131: 1225-1232 (2011)
  5. Nakashima M, Sasaki H et al, Breakdown evaluation of corneal epithelial barrier caused by antiallergic eyedrops using an electrophysiologic method, J. Ocul. Pharm. Ther. 24: 43-51 (2008)