長崎大学薬学部

研究室紹介

実践薬学 研究室

実践薬学

Department of Pharmacy Practice,
Course of Medical and Dental Sciences


指導教員

氏名 Eメール
*[a]を@に変換してください
電話 FAX
中嶋 幹郎 教授
博士(薬学)
mikirou[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-8570 095-819-8572
大山 要 准教授
博士(薬学)
k-ohyama[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-8569
黒﨑 友亮
部局テニュアトラック助教
博士(薬学)
kurosaki[a]nagasaki-u.ac.jp (病)2717

研究テーマ

  • ヒト肝細胞キメラマウスを用いたドラッグリポジショニングに関する研究
  • 抗原-抗体複合体の網羅的解析による自己免疫疾患や悪性腫瘍の診断と治療標的の探索
  • 薬効標的や標的細胞に結合している薬物量(実効薬物量)の測定に関する新規技術の開発

研究概要

 「医療の場で役立つ薬学分野の実践的な研究を展開し、問題発見・解決を自力でできる先導的薬剤師を養成する」ことを研究室のミッションに掲げている。特に、i) 肝臓をヒト化した実験用マウスを使い既存薬の新しい薬効を探索する研究、ii) 体内に存在する抗原-抗体複合体の網羅的解析から自己免疫疾患や癌の発病過程を追跡して診断や治療研究の標的を探索する研究、iii)作用標的に結合している薬物量を対象とする測定法の開発研究、を中心に研究を行っている。

代表論文

  • Aibara N, Ohyama K, Nakamura M, Nakamura H, Tamai M, Kishikawa N, Kawakami A, Tsukamoto K, Nakashima M, Kuroda N: Investigation of immune complexes formed by mitochondrial antigens containing a new lipoylated site in sera of primary biliary cholangitis patients. Clinical & Experimental Immunology, in press
  • Ohyama K, Ikeshita Y, Fuchigami Y, Kawakami S, Nakashima MN, Nakashima M: Proteomic analysis and ATP assay reveal a positive effect of artificial cerebral spinal fluid perfusion following microdialysis sampling on repair of probe-induced damage. J Neurosci Methods 315: 1-5, 2019
  • Kobayashi S, Ishii K, Yamada Y, Ryu E, Hashizume J, Nose S, Hara T, Nakashima M, Ohyama K: Combination index of the concentration and in vivo antagonism activity of racemic warfarin and its metabolistes to assess individual drug responses. J Thromb Thrombolysis 47: 467-472, 2019
  • Aibara N, Kamohara C, Chauhan AK, Kishikawa N, Miyata Y, Nakashima M, Kuroda N, Ohyama K: Selective, sensitive and comprehensive detection of immune complex antigens by immune complexome analysis with papain-digestion and elution. J Immunol Methods 461: 85-90, 2018
  • Ishikawa T, Ohtaki H, Mizuta S, Kuriyama M, Onomura O, Higuchi N, Nakashima MN, Nakashima M, Ohyama K: Computational study of the competitive binding of valproic acid glucuronide and carbapenem antibiotics to acylpeptide hydrolase. Drug Metab Pharmacokinet 32: 201-207, 2017
サイトTOPへ