研究室紹介

薬化学
薬化学
生命薬科学専攻
薬化学 研究室
Department of Pharmaceutical Chemistry,
Course of Pharmaceutical Sciences
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/biomimic/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール Tel Fax
田中 正一 教授
博士(薬学)
matanaka@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2423 095-819-2423
大庭 誠 准教授
博士(薬学)
moba@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2424 095-819-2423
上田 篤志
部局テニュアトラック助教
博士(薬学)
aueda@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2425 095-819-2423
研究テーマ
  • 非タンパク質構成アミノ酸の設計・合成とその医薬化学的利用
  • ヘリカルペプチドの不斉有機分子触媒としての利用
  • 細胞膜透過性オリゴマーの設計と応用研究
研究概要
生体関連物質であるアミノ酸・ペプチド・糖などを、コンピューターによる計算を利用して新規に設計・合成し、分析機器を用いてその分子の形を解析している。そして、分子の3次元立体構造の解析結果を基にして医薬候補化合物を創り出す基礎研究、不斉触媒、あるいは遺伝子などの細胞内輸送ツールをはじめとした様々な応用を目指した新しい領域の研究を行っている。
代表論文
  1. Ueda A, Umeno T, Doi M, Akagawa K, Kudo K, Tanaka M, Helical peptide-catalyzed enantioselective Michael addition reactions and their mechanistic insights, J. Org. Chem. 81: 6343-6356 (2016)
  2. Oba M, Kato T, Furukawa K, Tanaka M, A cell-penetrating peptide with a guanidinylethyl amine structure directed to gene delivery, Sci. Rep. 6: 19913 (2016)
  3. Yamashita H, Oba M, Misawa T, Tanaka M, Hattori T, Naito M, Kurihara M, Demizu Y, A helix-stabilized cell-penetrating peptide as an intracellular-delivery tool, ChemBioChem 17: 137-140 (2016) (Cover picture)
  4. Oba M, Takazaki H, Kawabe N, Doi M, Demizu Y, Kurihara M, Kawakubo H, Nagano M, Suemune H, Tanaka M, Helical peptide-foldamers having a chiral five-membered ring amino acid with two azido functional groups, J. Org. Chem. 79: 9125-9140 (2014)
  5. Kato T, Oba M, Nishida K, Tanaka M, Cell-penetrating helical peptides having L-arginines and five-membered ring α,α-disubstituted α-amino acids, Bioconjugate Chem. 25: 1761-1768 (2014)