研究室紹介:医薬品合成化学|長崎大学 薬学部

研究室紹介

医薬品合成化学
医薬品合成化学
生命薬科学専攻
医薬品合成化学 研究室
Department of Synthetic Chemistry for Pharmaceuticals,
Course of Pharmaceutical Sciences
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/synchem/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール Tel Fax
尾野村 治 教授
工学博士
onomura@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2429 095-819-2476
栗山 正巳 准教授
博士(薬学)
mkuriyam@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2430 095-819-2476
山本 耕介
部局テニュアトラック助教
博士(創薬科学)
kyamamoto@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2431 095-819-2476
研究テーマ
  • 分子認識化学に基づくジオール類の選択的分子変換
  • 有機触媒によるシラン類の活性化法の開拓と高効率分子変換
  • 環状アミノ化合物の高効率合成法の開拓
  • 含フッ素有機化合物の新規合成法
研究概要
医薬品の大部分は有機化合物である。我々は、医薬品の分子構造を精密に構築するための方法論について研究している。具体的には、多様な反応を制御する効率に優れた触媒の設計・開発と環境問題に配慮したクリーンな反応システムの構築を二本の柱として、医薬品開発に必須である有機合成反応の開拓に取り組んでいる。
代表論文
  1. Minato D, Nagasue Y, Demizu Y, Onomura O: Effecient kinetic resolution of racemic-aminoaldehydes by oxidation with N-iodosuccinimide. Angew Chem Int Ed 47: 9458-9461, 2008
  2. Kirira PG, Kuriyama M, Onomura O: Electrochemical deallylation of α-allyl cyclic amines and synthesis of optically active quaternary cyclic amino acids. Chem Eur J 16: 3970-3982, 2010
  3. Kuriyama M, Matsuo S, Shinozawa M, Onomura O: Ether-imidazolium carbenes for Suzuki–Miyaura cross-coupling of heteroaryl chlorides with aryl/heteroarylboron reagents. Org Lett 15: 2716-2719, 2013
  4. William JM, Kuriyama M, Onomura O: Boronic acid-catalyzed selective oxidation of 1,2-diols to α-hydroxy ketones in water. Adv Synth Catal 356: 934-940, 2014
  5. Kuriyama M, Kujirada S, Tsukuda K, Onomura O: Nickel-catalyzed deoxygenative deuteration of aryl sulfamates. Adv Synth Catal 359: 1043-1048, 2017