長崎大学薬学部

研究室紹介

薬用植物学 研究室

薬用植物学

Laboratory in Medical Plants Garden,
Course of Pharmaceutical Sciences


指導教員

氏名 Eメール
*[a]を@に変換してください
電話 FAX
尾野村 治 園長 (兼任)
工学博士
onomura[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-2429 095-819-2476
山田 耕史 准教授
薬学博士
kyamada[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-2462 095-819-2462

研究テーマ

  • 植物組織の分化と物質生産に関する研究
  • 薬用植物の育種と系統保存並びに二次代謝産物の機能に関する研究
  • アフリカ産薬用植物由来の生物活性成分に関する創薬化学的研究
  • 海洋微生物生産物並びに海洋無脊椎動物由来の生物活性成分に関する創薬化学的研究
  • 創薬資源としての天然資源由来のエキスライブラリーの構築

研究概要

 本園は文教地区キャンパス内に設置され、約470種類の薬用植物を教育・研究用標本として栽培し、講義や実習並びに研究に活用しています。許可を得てケシも栽培しています。また、「シーボルト記念植物園」も併設され、シーボルトゆかりの植物も植栽しています。園内の教育研究施設、薬用植物学研究室では、薬用植物の育種に関する研究の他に、薬用植物中に含まれる第二次代謝産物に関する研究を行っています。また、創薬のシーズ化合物の開発を目的として、海洋生物並びに微生物由来の生物活性成分の探索研究を行っています。また、その抽出エキスや化合物ライブラリーの構築を行っています。

代表論文

  • Kurata R, Shimizu K, Cui X, Harada M, Isagawa T, Semba H, Ishihara J, Yamada K, Nagai J, Yoshida Y, Takeda N, Maemura K, Yonezawa T: Novel reporter systemMonitoring IL-18 specific signaling can be applied to high-throughput screening. Mar Drugs 18: 60–71, 2020
  • Ghareb N, El-Sayed NM, Abdelhameed R, Yamada K, Elgawish MS: Toward a treatment of diabesity: rational design, synthesis and biological evaluation of benzene-sulfonamide derivatives as a new class of PTP-1B inhibitors. Bioorg Chem 86: 322–338, 2019
  • Abdelhameed RFA, Elhady SS, Noor AO, Almasri DM, Bagalagel AA, Maatooq GT, Khedr AIM, Yamada K: Production of a new cyclic depsipeptide by the culture broth of Staphylococcus sp. isolated from Corallina ocinalis L.. Metabolites 9: 273–281, 2019
  • Refaey MS, Abdelhameed RA, Orabi MAA, Ali AA, Abdelhameed RFA, Mousa EAA, Hamano S, Yamada K: A new iridodid glucoside from Anisacanthus virgularis and its antiamoebic activity. Heterocycles 98(9): 1229–1235, 2019
  • El-Shaheny R, Radwan M, Yamada K, El-Maghrabey M: Estimation of nizatidine gastric nitrosatability andproduct toxicity via an integrated approachcombining HILIC, in silico toxicology, and molecular docking. J Food Drug Anal 27(4): 915–925, 2019

研究業績

2015年2016年 2017年 2018年
サイトTOPへ