研究室紹介

薬用植物園
薬用植物園
生命薬科学専攻
薬用植物学 研究室
Laboratory in Medical Plants Garden
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/plant/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール
*[a]を@に置換してください
Tel Fax
尾野村 治 園長 (兼任)
工学博士
onomura[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-2429 095-819-2476
山田 耕史 准教授
薬学博士
kyamada[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-2462 095-819-2462
研究テーマ
  • 植物組織の分化と物質生産に関する研究
  • 薬用植物の二次代謝産物の機能に関する研究
  • 薬用植物の育種と系統保存に関する研究
  • アフリカ産薬用植物由来の生物活性成分に関する創薬化学的研究
  • 海洋無脊椎動物由来の生物活性成分に関する創薬化学的研究
  • 海洋微生物生産物の生物活性成分に関する創薬化学的研究
研究概要
本園は文教地区キャンパス内に設置され、約470種類の薬用植物を教育・研究用標本として栽培し、講義や実習並びに研究に活用しています。許可を得てケシも栽培しています。また、「シーボルト記念植物園」も併設され、シーボルトゆかりの植物も植栽しています。園内の教育研究施設、薬用植物学研究室では、薬用植物の育種に関する研究の他に、薬用植物中に含まれる第二次代謝産物に関する研究を行っています。また、創薬のシーズ化合物の開発を目的として、海洋生物並びに微生物由来の生物活性成分の探索研究を行っています。
代表論文
  1. Abdelhameed RF, Ibrahim AK, Yamada K, Ahmed SA: Cytotoxic and anti-inflammatory compounds from Red Sea grass Thalassodendron ciliatum, Med Chem Res 27: 1238–1244, 2018
  2. Khedr AIM, Ibrahim SRM, Mohamed GA, Ross SA, Yamada K: Panduramides A-D, new ceramides from Ficus pandurata fruits. Phytochem Lett 23: 100–105, 2018
  3. Thomford AK, Abdelhameed RFA, Yamada K: Chemical studies on the parasitic plant Thonningia sanguinea Vahl. RSC Adv 8: 21002–21011, 2018
  4. Abdelhameed RF, Ibrahim AK, Temraz TA, Yamada K, Ahmed SA: Chemical and Biological Investigation of the Red Sea Sponge Echinoclathria species. J Pharm Sci Res 9: 1324-1328, 2017
  5. Khedr AIM, Ibrahim SRM, Mohamed GA, Ahmed HEA, Ahmad AS, Ramadan MA, El-Baky AEA, Yamada K, Ross SA: New ursane triterpenoids from Ficus pandurata and their binding affinity for human cannabinoid and opioid receptors. Arch Pharm Res 7: 897-911, 2016
研究業績