研究室紹介

薬物治療学
薬物治療学
医療科学専攻
薬物治療学 研究室
Department of Pharmacotherapeutics,
Course of Medical and Dental Sciences
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/treat/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール Tel Fax
塚元 和弘 教授
(医学博士)
ktsuka@nagasaki-u.ac.jp 095-819-8573 095-819-8575
近藤 新二 准教授
(医学博士)
kondos@nagasaki-u.ac.jp 095-819-8574 095-819-8575
稲嶺 達夫 助教
博士(薬学)
inaminet@nagasaki-u.ac.jp 095-819-8575 095-819-8575
研究テーマ
  • ヒト遺伝子多型と疾患・病態および薬効との関連研究
  • 個別化医療のための遺伝子診断法の研究
  • 口唇裂・口蓋裂の発症および病態の分子機構の解明
研究概要
1. ヒト遺伝子多型と疾患・病態および薬効との関連研究
 病気になりやすいヒトとなりにくいヒト,病気になって重症化しやすいヒトとそうでないヒト,ある治療薬が効きやすいヒトと効きにくいヒト,あるいは治療薬の副作用が出やすいヒトとそうでないヒトがいます。これらのヒト(体質)の違いは遺伝子の違いに起因します。この遺伝子の違いを見つけています。
 違いのあった遺伝子は病気の発症や進展および病態解明に繋がります。さらに,病態解明から関連する遺伝子を標的とした新しい治療薬の開発に発展します。

2. 個別化医療のための遺伝子診断法の研究
 1で明らかにした体質に関連する遺伝子多型を用いて遺伝子診断を行います。これによって副作用のない,かつ治療効果の高い治療薬を選択する判断材料を提供できます。これは個別化治療の実現に繋がります。

3. 口唇裂・口蓋裂の発症および病態の分子機構の解明
 口唇口蓋裂を来す疾患であるvan der Woude syndromeやPopliteal pterygium syndromeの原因遺伝子IRF6を中心とした種々の遺伝子の分子遺伝学的研究を行っています。
代表論文
  1. Mochinaga K, Tsuchiya T, Nagasaki T, Arai J, Tominaga T, Yamasaki N, Matsumoto K, Miyazaki T, Nanashima A, Hayashi T, Tsukamoto K, Nagayasu T, High expression of dihydropyrimidine dehydrogenase in lung adenocarcinoma is associated with mutations in epidermal growth factor receptor: implications for the treatment of non-small-cell lung cancer using 5-fluorouracil, Clin. Lung Cancer 15: 136-144 (2014)
  2. Ikeda T, Fukuda M, Nakamura Y, Kinoshita A, Senju H, Nakano H, Kitazaki T, Ogawara D, Taniguchi H, Motoshima K, Yamaguchi H, Nakatomi K, Shimada M, Nagashima S, Tsukamoto K, Kohno S, A phase II study of amrubicin and carboplatin for previously untreated patients with extensive-disease small cell lung cancer, Cancer Chemother. Phrmacol. 74: 497-502 (2014)
  3. Urabe S, Isomoto H, Ishida T, Maeda K, Inamine T, Kondo S, Higuchi N, Sato K, Uehara R, Yajima H, Machida H, Chen CC, Fukuda Y, Takeshima F, Nakao K, Tsukamoto K, Genetic polymorphisms of IL-17F and TRAF3IP2 could be predictive factors of the long-term effect of infliximab against Crohn’s disease, Biomed. Res. Int. ID 416838, 1-12 (2015)
  4. Kasai T, Nakamura Y, Fukuda M, Kitazaki T, Nagashima S, Takatani H, Nakano H, Nakatomi K, Ikeda T, Yamaguchi H, Tsukamoto K, Oka M, Kohno S, A phase II study of S-1 for previously untreated elderly patients with advanced non-small cell lung cancer, Chemotherapy 61: 93-98 (2015)