研究室紹介:薬物治療学|長崎大学 薬学部

研究室紹介

薬物治療学
薬物治療学
医療科学専攻
薬物治療学 研究室
Department of Pharmacotherapeutics,
Course of Medical and Dental Sciences
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/treat/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール Tel Fax
塚元 和弘 教授
(医学博士)
ktsuka@nagasaki-u.ac.jp 095-819-8573 095-819-8575
稲嶺 達夫 准教授
博士(薬学)
inaminet@nagasaki-u.ac.jp 095-819-8574 095-819-8575
研究テーマ
  1. ヒト遺伝子多型と疾患・病態および薬効との関連研究
     病気になりやすいヒトとなりにくいヒト,病気になって重症化しやすいヒトとそうでないヒト,ある治療薬が効きやすいヒトと効きにくいヒト,あるいは治療薬の副作用が出やすいヒトとそうでないヒトがいます。これらの体質の違いを決める遺伝子の違いを見つけています。
     違いのあった遺伝子は病気の発症や進展および病態解明に繋がります。さらに,病態解明から関連する遺伝子を標的とした新しい治療薬の開発に発展します。

  2. 個別化医療のための遺伝子診断法の研究
     1で明らかにした体質に関連する遺伝子多型を用いて遺伝子診断を行います。これによって副作用のない,かつ治療効果の高い治療薬を選択する判断材料を提供できます。これは個別化治療の実現に繋がります。

  3. 代謝性疾患における腸内微生物の役割の解明
     肥満や糖尿病などの代謝性疾患における腸内微生物の寄与が注目されています。腸内微生物に影響を与える環境および宿主側因子の同定と,代謝性疾患の新たな予防・治療法の開発を目指しています。
研究概要
 薬物治療学分野では,臨床の場で問題となるような個体差 (薬の効果の差,副作用発現の差,進行の違いなど) に関わる遺伝子を同定し,その遺伝子の働きを明らかにすることで,新たな治療薬の開発や遺伝子診断を基にしたテーラーメイド医療の実践につながる研究をしています。また,腸内細菌の働きにも注目し,代謝性疾患の個体差に関わる腸内細菌とその働きに関する研究も行っています。
代表論文
  1. Ohishi Y, Nakamura M, Iio N, Higa S, Inayoshi M, Aiba Y, Komori A, Omagari K, Ishibashi H, Tsukamoto K. Single-nucleotide polymorphism analysis of the multidrug resistance protein 3 gene for the detection of clinical progression in Japanese patients with primary biliary cirrhosis. Hepatology 48:853-862, 2008.
  2. Sato K, Shiota M, Fukuda S, Iwamoto E, Machida H, Inamine T, Kondo S, Yanagihara K, Isomoto H, Mizuta Y, Kohno S, Tsukamoto K. Strong evidence of a combination polymorphism of the tyrosine kinase 2 gene and the signal transducer and activator of transcription 3 gene as a DNA-based biomarker for susceptibility to Crohn’s disease in the Japanese population. J Clin Immunol 29:815-825, 2009.
  3. Nanashima K, Mawatari T, Tahara N, Higuchi N, Nakaura A, Inamine T, Kondo S, Yanagihara K, Fukushima K, Suyama N, Kohno S, Tsukamoto K. Genetic variants in antioxidant pathway: risk factors for hepatotoxicity in tuberculosis patients. Tuberculosis 92:253-259, 2012.
  4. Inamine T, Higa S, Noguchi F, Kondo S, Omagari K, Yatsuhashi H, Tsukamoto K, Nakamura M. An association of genes involved in bile acid synthesis with the progression of primary biliary cirrhosis in Japanese patients. J Gastroenterol 48:1160-1170, 2013.
  5. Yang AM, Inamine T, Hochrath K, Chen P, Wang L, Llorente C, Bluemel S, Hartmann P, Xu J, Koyama Y, Kisseleva T, Torralba MG, Moncera K, Beeri K, Chen CS, Freese K, Hellerbrand C, Lee SM, Hoffman HM, Mehal WZ, Garcia-Tsao G, Mutlu EA, Keshavarzian A, Brown GD, Ho SB, Bataller R, Starkel P, Fouts DE, Schnabl B. Intestinal fungi contribute to development of alcoholic liver disease. J Clin Invest 127:2829-2841, 2017.