研究室紹介

薬品分析化学
薬品分析化学
生命薬科学専攻
薬品分析化学 研究室
Department of Analytical Chemistry for Pharmaceuticals,
Course of Pharmaceutical Sciences
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/analysis/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール Tel Fax
黒田 直敬 教授
薬学博士
n-kuro@nagasaki-u.ac.jp
岸川 直哉 准教授
博士(薬学)
kishika@nagasaki-u.ac.jp
研究テーマ
  • 微量生体成分及び医薬品の高感度分析法の開発と臨床化学的応用
  • ルミネセンスを利用する有機分析試薬の開発
  • LC-MS/MSを利用する免疫複合体の網羅的解析手法の開発
  • 高速液体及ぴキャピラリー電気クロマトグラフィーにおける新規分離用担体の開発
  • 活性酸素種の特異的検出法の開発と応用
研究概要
薬品分析化学研究室では,蛍光・化学発光などのルミネセンス現象やクロマトグラフィーの原理を利用して様々な分析法の開発を行っています。 分析の対象は,我々が健康な生活を維持するうえで欠かすことのできない生理活性成分,医薬品や健康食品,環境汚染物質等です。 これらを測ることで健康状態の把握や病気の予防,診断が可能となります。
代表論文
  1. Kuroda N, Sugihara S, Sugihara Y, Wada M, Kishikawa N, Ohba Y, Nakashima K, Fluorescence labeling method for aryl halides with 4-(4,5-diphenyl-1H-imidazol-2-yl)phenylboronic acid based on Suzuki coupling reaction, J. Chromatogr. A 1066: 119-125 (2005)
  2. Elgawish MS, Kishikawa N, Kuroda N, Quinones as novel chemiluminescent probes for the sensitive and selective determination of biothiols in biological fluids, Analyst 140: 8148-8156 (2015)
  3. Kishikawa N, Kuroda N, Analytical techniques for the determination of biologically active quinones in biological and environmental samples, J. Pharm. Biomed. Anal. 87: 261-270 (2014)
  4. Ohyama K, Kuroda N, Immune complexome analysis, Adv. Clin. Chem. 60: 129-141 (2013)
  5. Yamada Y, Ohyama K, Onodera G, Kuriyama M, Kishikawa N, Kuroda N, Molecular-shape selectivity by naphthalimido-modified silica stationary phases: Insight into the substituents effect of naphthalene on shape recognition and π-π interactions via electrostatic potential, J. Chromatogr. A 1425: 173-179 (2015)