長崎大学薬学部

研究室紹介

薬品分析化学 研究室

薬品分析化学

Department of Analytical Chemistry for Pharmaceuticals,
Course of Pharmaceutical Sciences


指導教員

氏名 Eメール
*[a]を@に変換してください
電話 FAX
黒田 直敬 教授
薬学博士
n-kuro[a]nagasaki-u.ac.jp
岸川 直哉 准教授
博士(薬学)
kishika[a]nagasaki-u.ac.jp

研究テーマ

  • 微量生体成分及び医薬品の高感度分析法の開発と臨床化学的応用
  • ルミネセンスを利用する有機分析試薬の開発
  • 新規化学発光反応の開発と臨床・食品・環境分析への応用
  • 高速液体及ぴキャピラリー電気クロマトグラフィーにおける新規分離用担体の開発
  • 活性酸素種および抗酸化物質の特異的計測法の開発と応用

研究概要

 薬品分析化学研究室では,蛍光・化学発光などのルミネセンス現象やクロマトグラフィーの原理を利用して様々な分析法の開発を行っています。 分析の対象は,我々が健康な生活を維持するうえで欠かすことのできない生理活性成分,医薬品や健康食品,環境汚染物 質等です。 これらを測ることで健康状態の把握や病気の予防,診断が可能となります。

代表論文

  • El-Maghrabey MH, Kishikawa N, Harada S, Ohyama K, Kuroda N: Quinone-based antibody labeling reagent for enzyme-free chemiluminescent immunoassays. Application to avidin and biotinylated anti-rabbit IgG labeling. Biosens Bioelectron 160: 112215, 2020
  • Kishikawa N, El-Maghrabey MH, Nagamune Y, Nagai K, Ohyama K, Kuroda N: A smart advanced chemiluminescence-sensing platform for determination and imaging of the tissue distribution of natural antioxidants. Anal Chem 92: 6984-6992, 2020
  • Ali MFB, Kishikawa N, Kuroda N: Development of HPLC method for estimation of glyoxylic acid after pre-column fluorescence derivatization approach based on thiazine derivative formation: A new application in healthy and cardiovascular patients' sera. J Chromatogr B 1143: 122054, 2020
  • El-Maghrabey MH, Watanabe R, Kishikawa N, Kuroda N: Detection of hydrogen sulfide in water samples with 2-(4-hydroxyphenyl)-4,5-di(2-pyridyl)imidazole-copper(II) complex using environmentally green microplate fluorescence assay method. Anal Chim Acta 1057: 123-131, 2019
  • El-Maghrabey MH, Kishikawa N, Kuroda N: Novel isotope-coded derivatization method for aldehydes using 14N/15N-ammonium acetate and 9,10-phenanthrenequinone. Anal Chem 90: 13867-13875, 2018

研究業績

2015年2016年 2017年 2018年
サイトTOPへ