長崎大学薬学部

研究室紹介

創薬薬理学 研究室

創薬薬理学

Department of Pharmacology and Therapeutic Innovation,
Course of Pharmaceutical Sciences


指導教員

氏名 Eメール
*[a]を@に変換してください
電話 FAX
金子 雅幸 教授
博士(薬学)
m-kaneko[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-2421 095-819-2420
塚原 完 准教授
薬学博士
ttamotsu[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-2473 095-819-2420
岡元拓海 助教
博士(薬科学)
toka[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-2422 095-819-2420

研究テーマ

  • ユビキチンリガーゼの生理機能と創薬
  • ゲノム編集を用いた遺伝子の機能解析と創薬
  • 血管性疾患の予防・治療法の研究と創薬
  • 遅発性神経細胞死を抑制する脳血管疾患治療薬の研究と創薬
  • 生理活性リン脂質の認知機能改善効果に関する研究と創薬

研究概要

 ユビキチンを付加する酵素ユビキチンリガーゼの生理機能と機能性脂質(リゾリン脂質など)の薬理的作用を細胞レベルから個体レベルで明らかにします。病態発症メカニズムを分子レベルで理解し、創薬のターゲットを提示することを目指します。生化学・分子生物学的な手法から、ゲノム編集技術により作成したノックアウトマウス、ノックインマウスを利用して、目標を達成していきます。

代表論文

  • Tsukahara T, Haniu H, Uemura T, Matsuda Y: Porcine liver decomposition product-derived lysophospholipids promote microglial activation in vitro. Sci Rep 10: 3748, 2020
  • Maeoka Y, Wu Y, Okamoto T, Kanemoto S, Guo XP, Saito A, Asada R, Matsuhisa K, Masaki T, Imaizumi K, Kaneko M: NFAT5 up-regulates expression of the kidney-specific ubiquitin ligase gene Rnf183 under hypertonic conditions in inner-medullary collecting duct cells. J Biol Chem 294: 101-115, 2019
  • Kaneko M, Iwase I, Yamasaki Y, Takai T, Wu Y, Kanemoto S, Matsuhisa K, Asada R, Okuma Y, Watanabe T, Imaizumi K, Nomura Y: Genome-wide identification and gene expression profiling of ubiquitin ligases for endoplasmic reticulum protein degradation. Sci Rep 6: 30955, 2016
  • Kaneko M, Koike H, Saito R, Kitamura Y, Okuma Y, Nomura Y: Loss of HRD1-mediated protein degradation causes amyloid precursor protein accumulation and amyloid-beta generation. J Neurosci 30: 3924-3932, 2010
  • Tsukahara T, Tsukahara R, Fujiwara Y, Yue J, Cheng Y, Guo H, Bolen A, Zhang C, Balazs L, Re F, Du G, Frohman MA, Baker DL, Parrill AL, Uchiyama A, Kobayashi T, Murakami-Murofushi K, Tigyi G: Phospholipase D2-dependent inhibition of the nuclear hormone receptor PPARγ by cyclic phosphatidic acid. Mol Cell 39: 421-432, 2010
サイトTOPへ