研究室紹介

創薬薬理学
創薬薬理学
生命薬科学専攻
創薬薬理学 研究室
Department of Pharmacology and Therapeutic Innovation,
Course of Pharmaceutical Sciences
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/soyakuri/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール Tel Fax
教授 植田 弘師 
薬学博士
ueda@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2421 095-819-2420
准教授 塚原 完
薬学博士
ttamotsu@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2473 095-819-2420
研究テーマ
  • 慢性疼痛とLPAならびにエピゲノム性制御
  • 有益なDAMPs分子
  • キョートルフィンを含むオピオイド研究
  • 放射線障害治療創薬
研究概要
研究室を立ち上げて20年あまりが過ぎた。長崎大学でなしえた主な仕事は1)脂質メディエーターLPAが慢性疼痛全般の原因分子であること、また治療にもつながる役割を果たすことの発見、2)あらゆる細胞ストレスによる生存危機を複数のメカニズムで保護するプロサイモシンアルファの発見である。時代の要請に添って、創薬研究につなげ、一定の成果をそれぞれ収めてきた。今後はその集大成としての研究に専念する。 
代表論文
  1. Inoue M, Rashid MH, Fujita R, Contos JJ, Chun J, Ueda H: Initiation of neuropathic pain requires lysophosphatidic acid receptor signaling. Nat Med 10: 712-718, 2004
  2. Ueda H, Fujita R, Yoshida A, Matsunaga H, Ueda M: Identification of prothymosin-α1, the necrosis-apoptosis switch molecule in cortical neuronal cultures. J Cell Biol 176: 853-862, 2007
  3. Uchida H, Ma L, Ueda H: Epigenetic gene silencing underlies C-fiber dysfunctions in neuropathic pain. J Neurosci 30: 4608-4814, 2010
  4. Omotuyi OI, Nagai J, Ueda H: Lys39-Lysophosphatidate carbonyl oxygen interaction locks LPA1 N-terminal cap to the orthosteric site and partners Arg124 during receptor activation. Sci Rep 5: 13343, 2015
  5. Ueda H: Lysophosphatidic acid signaling is the definitive mechanism underlying neuropathic pain. Pain 158: 55-65, 2017