研究室紹介

衛生化学
衛生化学
生命薬科学専攻
衛生化学 研究室
Department of Hygienic Chemistry,
Course of Pharmaceutical Sciences
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/hygiene/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール Tel Fax
中山 守雄 教授
薬学博士
morio@nagasaki-u.ac.jp
淵上 剛志 准教授
博士(薬学)
t-fuchi@nagasaki-u.ac.jp
吉田 さくら
部局テニュアトラック助教
博士(薬学)
yoshida-s@nagasaki-u.ac.jp
研究テーマ
  • 微量必須金属供給源としての海洋生物の解析
  • 生体内でのセレン代謝経路の解明
  • グルタチオンペルキシダーゼ様活性を有するナノサイズ粒子の開発
  • 新規68Ge/68Gaジェネレータの開発と臨床応用
  • アミロイド沈着による病的要素のインビボ画像化
  • がん早期診断のための分子プローブ開発
研究概要
ヒトの健康な生活の確保と病気の予防のため、食品や環境中のあらゆる物質とヒトとの関わりを探求する幅広い学問分野、それが衛生化学です。なかでも、当研究室では、健康の維持に欠かせない必須微量元素の役割を科学的に理解し、病気の予防に役立てようという研究、また、画像情報を発信する極微量の元素を体内に送り込むことによって、分子レベルで病気を早期に検知し予防しようという研究等を行っています。
代表論文
  1. Haratake M, Tachibana Y, Emaya Y, Yoshida S, Fuchigami T, Nakayama M, Synthesis of nanovesicular glutathione peroxidase mimics with a selenenylsulfide-bearing lipid, ACS Omega 1: 58-65 (2016)
  2. Fuchigami T, Yamashita Y, Kawasaki M, Ogawa A, Haratake M, Atarashi R, Sano K, Nakagaki T, Ubagai K, Ono M, Yoshida S, Nishida N, Nakayama M, Characterisation of radioiodinated flavonoid derivatives for SPECT imaging of cerebral prion deposits, Sci. Rep. 5: 18440 (2015)
  3. Hori E, Yoshida S, Haratake M, Ura S, Fuchigami T, Nakayama M, An effective method for profiling the selenium-binding proteins using its reactive metabolic intermediate, J. Biol. Inorg. Chem. 20: 781-789 (2015)
  4. Haratake M, Yoshida S, Mandai M, Fuchigami T, Nakayama M, Elevated amyloid-β plaque deposition in dietary selenium-deficient Tg2576 transgenic mice, Metallomics 2013: 479-483 (2013)
  5. Hongoh M, Haratake M, Fuchigami T, Nakayama M, A thiol-mediated active membrane transport of selenium by erythroid anionexchanger 1 protein, Dalton Trans. 41: 7340-7349 (2012)