研究室紹介

衛生化学
衛生化学
生命薬科学専攻
衛生化学 研究室
Department of Hygienic Chemistry,
Course of Pharmaceutical Sciences
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/hygiene/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール
*[a]を@に置換してください
Tel Fax
淵上 剛志 准教授
博士(薬学)
t-fuchi[a]nagasaki-u.ac.jp
吉田 さくら 助教
博士(薬学)
yoshida-s[a]nagasaki-u.ac.jp
研究テーマ
  • 魚貝類中のセレン含有成分の分析とその栄養機能の解析
  • 生体内のセレン結合タンパク質の同定と結合様式の解析
  • グルタチオンペルオキシダーゼ様活性を有するナノスフェアの創製
  • 膵臓癌克服を目指したセラノスティクス薬剤の開発
  • 新興・再興感染症における感染分子イメージングプローブの開発
  • サイクロトロンを必要としないPET薬剤製造システムの構築
研究概要
ヒトの健康な生活の確保と病気の予防のため、食品や環境中のあらゆる物質とヒトとの関わりを探求する幅広い学問分野、それが衛生化学です。なかでも、当研究室では、健康の維持に欠かせない必須微量元素の役割を科学的に理解し、病気の予防に役立てようという研究、また、画像情報を発信する極微量の元素を体内に送り込むことによって、分子レベルで病気を早期に検知し予防しようという研究等を行っています。
代表論文
  1. Yoshida S, Iwataka M, Fuchigami T, Haratake M, Nakayama M: In vitro assessment of bioavailability of selenium from a processed Japanese anchovy, Niboshi. Food Chem 269: 436-441, 2018
  2. Ishikawa N, Fuchigami T, Mizoguchi T, Yoshida S, Haratake M, Nakayama M: Synthesis and characterization of radioiodinated 3-phenethyl-2-indolinone derivatives for SPECT imaging of survivin in tumors. Bioorg Med Chem 26: 3111-3116, 2018
  3. Uehara W, Yoshida S, Emaya Y, Fuchigami T, Haratake M, Nakayama M: Selenoprotein L-inspired nano-vesicular peroxidase mimics based on amphiphilic diselenides. Colloids Surf B 162: 172-178, 2018
  4. Fuchigami T, Ono H, Oyadomari K, Iwatake M, Hayasaka D, Akbari M, Yui K, Nishi K, Kudo T, Yoshida S, Haratake M, Nakayama M: Development of a 68Ge/68Ga Generator System Using Polysaccharide Polymers and Its Application in PET Imaging of Tropical Infectious Diseases. ACS Omega 2: 1400-1407, 2017
  5. Fuchigami T, Yamashita Y, Kawasaki M, Ogawa A, Haratake M, Atarashi R, Sano K, Nakagaki T, Ubagai K, Ono M, Yoshida S, Nishida N, Nakayama M: Characterisation of radioiodinated flavonoid derivatives for SPECT imaging of cerebral prion deposits. Sci Rep 5: 18440, 2015
研究業績