長崎大学薬学部

研究室紹介

医薬品情報学 研究室

医薬品情報学

Department of Pharmaceutical Informatics,
Course of Medical and Dental Sciences


指導教員

氏名 Eメール
*[a]を@に変換してください
電話 FAX
川上 茂 教授
博士(薬学)
skawakam[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-8563
向井 英史 准教授
博士(薬学)
hmukai[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-8564

研究テーマ

  • 標的指向型の核酸封入脂質ナノ粒子製造体系の構築
  • 脳を標的とした核酸医薬の薬物送達システムの開発
  • mRNA送達を基盤としたT細胞誘導型ワクチンの開発
  • マイクロ流体法を利用した機能化細胞外微粒子製剤の開発
  • 難治性がん治療を目的としたデザイナー細菌の開発
  • PETによるコンパニオン/プレシジョン診断薬の開発

研究概要

 近年、難治性疾患治療を目的として、ペプチド、タンパク質、核酸、遺伝子、脂質ナノ粒子、細胞外微粒子(エクソソーム)など様々な中分子・高分子薬物やナノ粒子が医薬品開発の対象となっています。当研究室では、医薬品情報学、薬物動態学、薬物送達学(DDS)、レギュラトリーサイエンスなどの学問領域を駆使して、核酸や遺伝子を含む標的指向型ナノ粒子製剤開発における基礎研究成果を迅速に臨床へと繋げるための研究を推進しています。

代表論文

  • Nishimura K, Ogawa K, Kawaguchi M, Fumoto S, Mukai H, Kawakami S: Suppression of peritoneal fibrosis by sonoporation of hepatocyte growth factor gene-encoding plasmid DNA in mice, Pharmaceutics, 13: e115, 2021
  • Oyama N, Takahashi H, Kawaguchi M, Miyamoto H, Nishida K, Tsurumaru M, Nakashima M, Yamashita F, Hashida M, Kawakami S: Effects of tissue pressure on transgene expression characteristics via renal local administration routes from ureter or renal artery in the rat kidney. Pharmaceutics 12(2): e114, 2020
  • Taniguchi Y, Oyama N, Fumoto S, Kinoshita H, Yamashita F, Shimizu K, Hashida M, Kawakami S: Tissue suction-mediated gene transfer to the beating heart in mice. PLoS One, 15(2): e0228203, 2020
  • Ogawa K, Fuchigami Y, Hagimori M, Fumoto S, Maruyama K, Kawakami S: Ultrasound-responsive nanobubble-mediated gene transfection in the cerebroventricular region by intracerebroventricular administration in mice. Eur J Pharm Biopharm 137: 1-8, 2019
  • Suga T, Kato N, Hagimori M, Fuchigami Y, Kuroda N, Kodama Y, Sasaki H, Kawakami S: Development of high functionality and quality lipids with RGD peptide ligands: application for PEGylated liposomes and analysis of intratumoral distribution in a murine colon cancer model. Mol Pharmaceutics 15: 4481-4490, 2018
サイトTOPへ