研究室紹介:医療情報解析学|長崎大学 薬学部

研究室紹介

医薬品情報学
医療情報解析学
医療科学専攻
医薬品情報学 研究室
Department of Pharmaceutical Informatics,
Course of Medical and Dental Sciences
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/arp/index-j.html
指導教員
氏 名 Eメール Tel Fax
川上 茂 教授
博士 (薬学)
skawakam@nagasaki-u.ac.jp 095-819-8563
萩森 政頼 准教授
博士(薬学)
hagimori@nagasaki-u.ac.jp 095-819-8564
研究テーマ
  • 脳やがんを標的とした外部刺激応答性DDSの開発
  • 標的指向型リポソームの製剤設計と機能評価
  • 遺伝子・核酸デリバリーシステムの開発
  • ナノバイオテクノロジーの医療応用に関する研究
  • 医薬品の有効性・安全性評価に関する研究
研究概要
  近年、低分子、中分子、タンパク質、核酸、遺伝子、細胞、あるいはリポソーム、エクソソーム等の微粒子が医薬品開発の対象となっています。医薬品情報学分野では、このような創薬の進化に対応するため、製剤学、薬物動態学、ペプチド化学、マイクロ流体工学、生物学の視点からDDS創薬学に関する研究を行っています。このような研究活動を通じて、先端の医薬品に関する情報を体系化できる研究者・薬剤師の育成を目指しています。
代表論文
  1. Ogawa K, Fuchigami Y, Hagimori M, Fumoto S, Miura Y, Kawakami S: Efficient gene transfection of the brain with ultrasound irradiation in mice using stabilized bubble lipopolyplexes prepared by the surface charge regulation method, Int J Nanomed 13: 2309-2320, 2018
  2. Oyama N, Fuchigami Y, Fumoto S, Sato M, Hagimori M, Shimizu K, Kawakami S: Characterization of transgene expression and pDNA distribution of the suctioned kidney in mice. Drug Delivery 24(1): 906-917, 2017
  3. Nishimura K, Fumoto S, Fuchigami Y, Hagimori M, Maruyama K, Kawakami S: Effective intraperitoneal gene transfection system using nanobubbles and ultrasound irradiation. Drug Delivery 24(1): 737-744, 2017
  4. Suga T, Fuchigami Y, Hagimori M, Kawakami S: Ligand peptide grafted PEGylated liposomes using HER2 targeted peptide-lipid derivatives for targeted delivery in breast cancer cells: the effect of serine-glycine repeated peptides as a spacer. Int J Pharm 521(1-2): 361-364, 2017
  5. Fumoto S, Nishimura K, Nishida K, Kawakami S: Three-dimensional imaging of the intracellular fate of plasmid DNA and transgene expression: ZsGreen1 and tissue clearing method CUBIC are an optimal combination for multicolor deep imaging in murine tissues. PLoS One 11(1): e0148233, 2016