地域薬剤師卒後教育研修センター

活動報告
はじめに
 薬学部は6年制と4年制が並存するユニークな教育制度になったが,今後この制度を活かした薬学の発展が大きな課題である。6年制においては高資質な薬剤師の養成が最重要であるが,臨床薬学的な教育,なかでも医療現場における実務実習の充実が不可欠である。長崎大学薬学部では地域薬剤師卒後教育研修センターを新設し,実務実習を担当いただく地域薬剤師に対して,演習・実習を主体とする卒後研修を行い,自己研鑽の場を提供しているので紹介する。
卒後教育の必要性
 薬剤師は生涯その職能の向上に向けた研鑽が必要である。日常的に臨床に関わる業務に携ることで,薬剤師としての知識や技能あるいは態度を磨き,やがては社会から尊敬される高資質な薬剤師に成長していくものと期待されている。しかし現実には薬剤師業務は非常に多岐・多忙であり,研鑽するための時間や方法が見出せないままに歳月を重ねていくことにもなりかねない。卒後教育が十分に達成されていない理由の一つはこの点にあると考える。自らが研鑽することにはおのずと限界があり,第3者が効率的で先進的な卒後教育の機会を提供する必要がある。薬剤師会等が主催する研修会や大学主催の講演会などがそれに相当すると考えられるが,これらは一般に座学の場合が多い。最先端で興味ある内容ではあっても,大勢が一堂に会する講義形式では,さほど身につかないように感じる。そこで,長崎大学薬学部では,平成18年度より,地域薬剤師卒後教育研修センターを立ち上げ,実験や演習を主体とした研修会および討論形式の講演会を行い,旧4年制で卒業した薬剤師の皆さんを対象に卒後教育を実施している。
長崎大学薬学部地域薬剤師卒後教育研修センターのあらまし
 本センターは長崎大学薬学部に設置されているが,センター長および薬剤師会や同窓会の代表者等で運営委員会を組織し,その下に実行委員会が組織され実務にあたっている。 業務内容は,定員20名の実験・演習を主体とする研修(有料)と公開講演会(無料)である。研修は各コース5時間,3回を基本としている。レポート課題や発表会により研修プログラムの修了を認定し,修了者は修了証と日本薬剤師研修センター認定の研修シールを受け取ることができる。公開講演会は薬剤師に関係するテーマについて様々な視点からの講演と討論の形式で行っている。
卒後教育研修センターの研修内容
 研修プログラムを開始するにあたり,地域薬剤師の立場で何を学びたいかを実行委員会で慎重に討論した。まず,在学生のカリキュラムの中で,既卒者が学んでいない内容や将来6年制教育に導入が予定されている内容を中心に,興味があると思われるものを集めた。また,長時間の研修となるため,できるだけ飽きないで研修に集中できるような内容にしたいと考えた。そこで,平成18年度には,医療情報検索やエクセル演習を中心とした「情報1」,医薬品の製剤評価や薬物動態解析を目的とした「薬物動態1」の2つのプログラムを提供した。ここでは,受講する薬剤師の年齢構成が幅広くなることも予想されたので,コンピュータ操作の基本的な部分も理解できる内容とし,ついでこれを利用した研修内容につなげる工夫を行った。
 平成19年度は,ファーマシューティカルケア実践のための「情報2」,遺伝子DNAの取り扱いを実習する「遺伝子1」,薬物血中濃度モニタリング(TDM)を理解する「薬物動態2」の3つのプログラムを提供した。
卒後教育研修内容の評価
 日本薬剤師会研修センターの集合研修評価表を、研修終了時に受講者に記入してもらい、研修内容を評価した。例えば、「薬物動態1」プログラムに対する、受講者による客観的な5段階評価では、いずれの実習項目(崩壊試験、溶出試験、シミュレーション実験、薬物速度論解析,薬物動態の予測,服薬指導・投与計画)も高く評価され、敬遠されがちな薬物速度論解析の実習項目も平均点は4以上であった。なお、その他の研修プログラムについても、受講者から高い評価が得られた。

  図2 「薬物動態1」プログラムの受講者23名による評価
  日本薬剤師会研修センターの集合研修評価表に基づく5段階評価(優れている:5, 普通:3, 劣る:1)


 卒後教育研修から得られたものに対する、受講者による自己評価では、研修内容の理解や新しい知識・技能の習得に対する満足度が非常に高かった。特に,薬学6年制の新しい教育内容を,実習や演習で実践し,さらに受講者同士で実験結果などを討論することで理解も深まったという意見が多かった。その他、自分の業務に役立てたい、自学自習するいい機会となった、日常業務にはない新鮮味があった、などの声も多く聞かれた。したがって,実習や演習を主体とした卒後教育研修は、受講生の高い評価を得て,自己研鑽の効果的な場となったと考えられる。一方,研修時間や期間などさらに地域薬剤師が参加しやすい設定を望む声もあり,また,内容が高度すぎないようにして欲しいとの意見も聞かれたため,今後,日曜日の研修,期間の延長と時間の縮小,好評な研修内容の繰り返し,などの改善を行いたいと考えている。
おわりに
 旧4年制で免許を取得された多くの薬剤師は,現在の薬学教育内容の急激な変化を簡単には理解できないのではないかと考えるが,すぐに6年制の学生が実務実習にやってくるし,やがて社会に飛び出してくる。このような背景にあって,本センターは旧4年制と6年制の教育内容のギャップを少しでも埋める役割を果たし,それを継続していかなければならない。しかし,通常の講義形式とは異なり,本研修では実験設備や指導者が必要であり,また,指導はボランティア的な側面も多い。地域薬剤師の皆さんには,これまで以上に大学との連携を密にして,本センターの研修等に積極的に参加していただき,自己研鑽のモチベーションを継続していただきたいと願っている。