研究室紹介

感染分子薬学
感染分子薬学
新興感染症病態制御学系
感染分子薬学 研究室
Department of Molecular Pharmacology of Infectious Agents,
Course of Infection Research
詳細ホームページ
指導教員
氏 名 Eメール Tel Fax
北里 海雄 准教授
水産学博士
kkholi@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2457 095-819-2898
春山 貴弘
部局テニュアトラック助教
博士 (医学)
tharuyama@nagasaki-u.ac.jp 095-819-2458 095-819-2898
研究テーマ
  • 乳酸菌生産生理活性物質の探索と作用分子機序の解析
  • 薬剤耐性を回避できる新規抗感染薬の開発
  • 繊毛輸送タンパク質IFTと感染免疫における機能解析
  • 感染及び幹細胞維持におけるオートファジーの役割解明
研究概要
本研究室は微生物、特にウイルス及び細菌の感染によって引き起こされる疾病を制圧するための研究に取り組んでいる研究室である。微生物感染と宿主細胞との相互作用を分子レベルの解析を通じて、感染症の分子病態に対する理解を深め、感染に応答する様々な細胞の分子機能を明らかにしようとしている。微生物を理解し、人類の健康のため有効利用できる分子基盤の構築を目指す。
代表論文
  1. Zheng K, Jiang Y, He Z, Kitazato K, Wang Y, Cellular defence or viral assist: the dilemma of HDAC6, J. Gen. Virol. 98: 322-337 (2017) (Review)
  2. Yan C, Luo L, Goto S, Urata Y, Guo CY, Doi H, Kitazato K, Li TS, Enhanced autophagy in colorectal cancer stem cells does not contribute to radio-resistance, Oncotarget 7: 45112-45121 (2016)
  3. Liu G, Zhong M, Guo C, Komatsu M, Xu J, Wang Y, Kitazato K, Autophagy is involved in regulating influenza A virus RNA and protein synthesis associated with both modulation of Hsp90 induction and mTOR/p70S6K signaling pathway, Int. J. Biochem. Cell Biol. 72: 100-108 (2016)
  4. Zheng K, Kitazato K, Wang Y, He Z, Pathogenic microbes manipulate cofilin activity to subvert actin cytoskeleton, Crit. Rev. Microbiol. 42: 677-695 (2016) (Review)
  5. Zheng K, Kitazato K, Wang Y, Viruses exploit the function of epidermal growth factor receptor, Rev. Med. Virol. 24: 274-286 (2014) (Review)