長崎大学薬学部

研究室紹介

臨床研究薬学 研究室

臨床研究薬学

Department of Clinical Research Pharmacy


指導教員

氏名 Eメール
*[a]を@に変換してください
電話 FAX
都田 真奈 教授
博士(薬学)
mana-t[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-2456 095-819-2898
北里 海雄 准教授
水産学博士
kkholi[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-2457 095-819-2898

研究テーマ

  • 既存代謝調節薬による感染免疫制御機序の解明
  • 乳酸菌代謝物に含まれる抗アレルギー活性物質の探索
  • 乳酸菌代謝物の免疫調整機序の解析
  • ドラッグ・リポジショニングによる免疫調節薬の探索

研究概要

 薬を安全かつ有効に用いるため、薬が市場に出回った後の薬を育てる「育薬研究」は薬剤師に課せられた重要な研究のひとつです。育薬研究には、薬の副作用や相互作用の調査研究、より良い治療を目指す薬の改良研究、別の疾病への応用研究などがあります。現在、私たちの研究室では、免疫関連疾患に関する育薬研究を中心に行なっています。

代表論文

  • Klionsky DJ, Abdalla FC, …..Kitazato Kaio, …et al., Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy (4th edition), Autophagy, 17: 1-382, 2021
  • Sukhbaatar O, Kimura D, Miyakoda M, Nakamae S, Kimura K, Hara H, Yoshida H, Inoue SI, Yui K. Activation and IL-10 production of specific CD4+ T cells are regulated by IL-27 during chronic infection with Plasmodium chabaudi. Parasitol Int.74:101994, 2020
  • Wang Y, Song X, Wang Y , Huang L, Luo W, Li F,  Qin S, Wang Y , Xiao J, Wu Y , Jin F, Kitazato K, Wang Y,  Dysregulation of cofilin-1 activity-the missing link between herpes simplex virus type-1 infection and Alzheimer's disease, Crit Rev Microbiol., 46: 381-396 2020
  • Nakamae S, Kimura D, Miyakoda M, Sukhbaatar O, Inoue SI, Yui K. Role of IL-10 in inhibiting protective immune responses against infection with heterologous Plasmodium parasites. Parasitol Int.70: 5-15, 2019
  • Miyakoda M, Bayarsaikhan G, Kimura D, Akbari M, Udono H, Yui K: Metformin Promotes the Protection of Mice Infected With Plasmodium yoelii Independently of gamma delta T Cell Expansion. Front Immunol 9: 2942, 2018
サイトTOPへ