1. ホーム
サンプルビルボード画像

お知らせ

2018年9月12日 新しい論文が出ました。[NEW]

2017年6月5日 新しい総説が出ました。

2016年11月8日 新しい著書が出ました。


トピックス

2018年11月9日 長崎大学・伊藤公成先生をお招きして、日本薬学会九州支部特別講演会「RUNX転写因子の「がん遺伝子」としての役割」を行いました。

2018年11月2日 東京大学・新井洋由先生をお招きして、第19回細胞制御セミナー「メタボロミクス解析に基づく生体膜リン脂質の新たな機能」を行いました。

2018年10月26日 明治薬科大学・紺谷圏二先生をお招きして、第18回細胞制御セミナー「細胞内物流輸送における低分子量Gタンパク質の役割」を行いました。

2018年9月2日 博士後期課程3年の山口文音さんが、第17回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2018で優秀発表賞を受賞しました。[NEW]

2018年6月8日 東京大学・宮園浩平先生をお招きして、アカデミア創薬セミナー「TGF-βシグナルとがん」を行いました。

2018年3月23日 薬学科6年生の佐藤洸さんと博士前期課程2年生の中邨翔太さんが、特に優秀な成績を修めたことが認められ、学長賞を受賞しました。

2017年11月10日 長崎大学・稲岡ダニエル健先生、久留米大学・伴匡人先生、生理学研究所・西田基宏先生をお招きして、第1回 細胞制御ミトコンドリアワークショップを行いました。

2017年10月13日 東京大学・片岡直行先生をお招きして、日本薬学会九州支部特別講演会「RNAスプライシング ーその分子機構と破綻による疾患ー」を行いました。

2017年10月3日 産業技術総合研究所・夏目徹先生をお招きして、アカデミア創薬セミナー「ロボットと人工知能で拓くサイエンスの未来」を行いました。

2017年5月15日 博士後期課程1年の本田詩乃さんが、平成29年度日本生化学会九州支部例会で優秀ポスター賞を受賞しました。

2016年11月25日 長崎大学・益谷美都子先生をお招きして、日本薬学会九州支部特別講演会「制がんにおける創薬標的としてのポリADP-リボシル化反応」を行いました。

2016年11月11日 熊本大学・持田悟先生をお招きして、第17回細胞制御セミナー「リン酸化/脱リン酸化酵素が創る細胞分裂スイッチ」を行いました。

2016年11月1日 博士後期課程1年の山口文音さんが、第12回プロテインホスファターゼ国際カンファレンスで奨励賞を受賞しました。

2016年10月21日 東京都医学総合研究所・松田憲之先生をお招きして、第16回細胞制御セミナー「パーキンソン病発症機構から学ぶ基礎生物学 〜ミトコンドリアに着目して〜」を行いました。

2016年10月1日 谷村進助教が准教授に昇任しました。

2016年8月15日 谷村進助教の論文が、Journal of Cell Biology の In Focus に取り上げられました。

2016年4月1日 尾﨑惠一准教授が大阪薬科大学基礎薬学教育研究センター教授に就任しました。

2016年1月30日 博士前期課程2年の山口文音さんが、第7回日本プロテインホスファターゼ研究会学術集会で奨励賞を受賞しました。

2015年11月13日 理研・有田誠先生をお招きして、第15回細胞制御セミナー「炎症性疾患の背後に潜む脂質メタボリズム」を行いました。

2015年10月30日 九州大学・中島欽一先生をお招きして、第14回細胞制御セミナー「細胞内・外因子による神経幹細胞制御」を行いました。

2015年10月23日 長崎大学・山本一男先生をお招きして、第13回細胞制御セミナー「細胞の大きさを規定する分子基盤」を行いました。

2015年5月22日 東京大学・一條秀憲先生をお招きして、日本薬学会九州支部特別講演会 「細胞がストレスを感じる仕組みと疾患」を行いました。


長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 分子創薬科学講座
細胞制御学分野
〒852-8521 長崎市文教町1番14号
TEL: 095-819-2417 FAX: 095-819-2472
Copyright © 細胞制御学研究室 All rights reserved.