長崎大学薬学部

研究室紹介

臨床研究薬学 研究室

臨床研究薬学

Department of Clinical Research Pharmacy


指導教員

氏名 Eメール
*[a]を@に変換してください
電話 FAX
都田 真奈 教授
博士(薬学)
mana-t[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-2456 095-819-2898
北里 海雄 准教授
水産学博士
kkholi[a]nagasaki-u.ac.jp 095-819-2457 095-819-2898

研究テーマ

  • ドラッグ・リポジショニングによる免疫調節薬の探索と感染免疫制御機序の解明
  • 乳酸菌による宿主免疫の調節機構の解析
  • 地域医療・地域保健・薬剤師教育に関する研究

研究概要

 免疫系は、病原体や花粉などの異物が体に侵入した際に、様々な種類の免疫細胞が連携して働き異物を排除するための体を守る大切な仕組みです。近年では、免疫系の異常は、感染症やアレルギーだけでなく癌、神経疾患、循環器疾患のなどの疾病の発症原因の一つであると報告されています。そのため、疾病の発生とその治療に免疫がどのように関わっているのか明らかにすることが今後の医療の発展には必要不可欠です。本研究室では、免疫調節物質を探索し、その物質の免疫調節機序を明らかにし、医療に役立てたることを目指しています。
 その他、地域医療・地域保健に関する研究、薬剤師教育に関する研究を行っています。

代表論文

  • Wang Y, Luo W, Huang L, Xiao J, Song X, Li F, Ma Y, Wang X, Jin F, Liu P, Zhu Y, Kitazato K, Wang Y, Ren Z. A novel lncRNA linc-AhRA negatively regulates innate antiviral response in murine microglia upon neurotropic herpesvirus infection. Theranostics, 11(19):9623-9651, 2021
  • Jian JY, Inoue SI, Bayarsaikhan G, Miyakoda M, Kimura D, Kimura K, Nozaki E, Sakurai T, Fernandez-Ruiz D, Heath WR, Yui K. CD49d marks Th1 and Tfh-like antigen-specific CD4+ T cells during Plasmodium chabaudi infection. Int Immunol., 33(8):409-422. 2021.
  • Liu P, Xiao J, Wang Y, Song X, Huang L, Ren Z, Kitazato K, Wang Y. Posttranslational modification and beyond: interplay between histone deacetylase 6 and heat-shock protein 90. Mol Med., 27(1):110, 2021
  • Nakamae S, Kimura D, Miyakoda M, Sukhbaatar O, Inoue SI, Yui K.Role of IL-10 in inhibiting protective immune responses against infection with heterologous Plasmodium parasites. Parasitol Int. 70:5-15. 2019
  • Miyakoda M, Bayarsaikhan G, Kimura D, Akbari M, Udono H, Yui K: Metformin Promotes the Protection of Mice Infected With Plasmodium yoelii Independently of gamma delta T Cell Expansion. Front Immunol 9: 2942, 2018
サイトTOPへ