ホーム > 特集 > 日本薬剤学会第30年会

コンテンツ

1. 日本薬剤学会第30年会
2. 当研究室からの発表者
3. Prize and prize!

Authored by miura
Latest update: 2015.5.29

日本薬剤学会第30年会

2015年5月21日(木)〜23日(土)の3日間、長崎ブリックホールにて日本薬剤学会第30年会が開催されました。当研究室からは、渕上助教が招待講演を、院生1名と学部生1名が口頭発表を、学部生1名がポスター発表を行いました。

当研究室からの発表者

【招待講演】

「脳マイクロダイアリシス法を用いた薬物動態と薬力学的影響に関する研究」
渕上由貴(助教)

【口頭発表】

「腎臓吸引圧核酸導入法における遺伝子導入部位の評価」
大山奈津子(学部6年)

【口頭発表】

「超音波応答性リポソームによる腹腔内組織への遺伝子導入法の開発: 組織透明化による発現分布評価」
西村光洋(博士前期課程2年)

【ポスター発表】

「糖修飾バブルリポソームを利用した超音波増感剤による細胞傷害機構の評価」
古海沙喜(学部5年)

Prize and prize!

当研究室からは2名が受賞しました。

最優秀発表者賞

博士前期課程2年の西村光洋くんが受賞しました。おめでとうございます!

永井財団学部学生七つ星薬師奨励賞

学部6年の大山奈津子さんが受賞しました。おめでとうございます!

「永井財団学部学生七つ星薬師奨励賞」とは?

(財)永井記念薬学国際交流財団の援助のもと、学部学生の研究発表を奨励するため、卒業研究、実務実習等に関する優れた研究発表(口頭発表・ポスター発表)を行った学部学生を表彰します。奮ってご申請ください。"七つ星薬師" とは、国際薬学連合 (FIP) が薬学教育に関する規範GPED (Good Pharmaceutical Education Practice) として示しているThe Seven Star Pharmacist (Care giver, Decision maker, Communicator, Leader, Manager, Life-long learner, Teacher) の日本薬剤学会独自の和訳であり、いわば医療における理想的な薬学職能人を意味します。ちなみに、漢字を使用する国で、日本以外は "薬剤師" でなく "薬師" という用語が使われています。

受賞されたお二人、おめでとうございます。スタッフで参加された皆さんもお疲れさまでした!

↑ PAGE TOP

医薬品情報学分野
〒852-8588 長崎市坂本1-7-1 長崎大学医歯薬学総合研究棟7階
Tel/Fax: 095-819-8563

Copyright © Department of Pharmaceutical Informatics. All Rights Reserved.
Web Design:Template-Party