ホーム > ごあいさつ

ごあいさつ

医薬品情報学分野が目指す学問・人材育成

 近年、医薬品としてバイオ医薬品、核酸医薬品、幹細胞等が開発され、また、医薬品と医療機器との組み合わせた先端医療も進み、創薬・医療現場では医薬品の概念・取り扱いにパラダイムシフトが起こっています。今後、医療現場ではこれらの医薬品・医療行為の医薬品安全管理、服薬指導、適正使用に関する高度な医薬品情報の収集、評価、解析、提供、提案、そして育薬に必要な医薬品情報の創出・体系化が重要となってきます。

 私たちは、「医薬品情報」をキーワードに、これまで研究室で取り組んできたDDS、薬物動態学、分析化学の研究力並びに薬剤師との協同により、先進医療、創薬・育薬に必要な医薬品情報の創出や体系化に関する基礎及び臨床研究を行っています。

 これらの研究活動を通じて、臨床現場ならびに創薬研究の両面において活躍できる次世代の薬剤師・研究者育成を目指します。

長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科
医療科学専攻 展開医療薬学講座
医薬品情報学分野 教授 川上 茂

研究室沿革

1999(平成11)年 4月
薬学研究科臨床薬学専攻設置に伴い「医療情報解析学」研究室が開講
(英名:Analytical Research for Pharmacoinformatics; PI
初代 中島憲一郎教授 ご就任
2002(平成13)年 4月
薬学研究科を医歯薬学総合研究科へ改組
2010(平成22)年 3月
中島憲一郎教授 日本薬学会学術貢献賞受賞 第2部門
「生体関連物質の高感度計測を目的としたルミネッセンス検出法の開発と応用」
2012(平成24)年 3月
中島憲一郎教授 定年退職
2013(平成25)年 4月
2代目 川上 茂 教授就任
2014(平成26)年 4月
研究室名を「医薬品情報学」研究室へ改称:医歯薬研究科での各系区別のため
(英名:Pharmaceutical Informatics; PI
*これまで涵養してきた教育・研究精神を継承していくため、PI略称を研究室名に含める。

歴代教員

教授

教員名在職期間現職
初代中島 憲一郎1999(平成11)年 ~ 2012(平成24)年長崎大学名誉教授
長崎国際大学 教授(薬学部 製剤学研究室)
第2代川上 茂2013(平成25)年 ~

准教授・助教授

教員名在職期間現職
高橋 正克1999(平成11)年 ~ 2001(平成13)年長崎大学 教授
(大学教育イノベーションセンター)
和田 光弘2002(平成14)年 ~ 2013(平成25)年九州保健福祉大学 教授
(薬学部薬学科 分析学講座)
萩森 政頼2016(平成28)年 ~

助教・助手・教務職員

教員名在職期間現職
中嶋 弥穂子1999(平成11)年 ~ 2006(平成18)年崇城大学 教授
(薬学部 薬剤情報解析学研究室)
池田 理恵2008(平成20)年 ~ 2013(平成25)年薬局薬剤師
渕上 由貴2014(平成26)年 ~

↑ PAGE TOP

医薬品情報学分野
〒852-8588 長崎市坂本1-7-1 長崎大学医歯薬学総合研究棟7階
Tel/Fax: 095-819-8563

Copyright © Department of Pharmaceutical Informatics. All Rights Reserved.
Web Design:Template-Party