ホーム > 研究内容・業績

研究内容

  • 超音波照射を利用した外部刺激応答性DDSの開発
  • マイクロ流体デバイスを用いたナノDDS製剤の開発とがん治療への展開
  • 組織内環境の多色深部イメージングによる空間分布制御型DDSの開発
  • 機能性ペプチドを利用した標的指向型DDSの開発
  • ネオ・エクソソームの創製とがん治療・再生医療への応用に関する研究
  • ジェネリック医薬品の注射剤の配合変化に関する研究

受賞と研究業績

受賞と研究業績は年別にまとめています。ご覧になりたい年をクリックすると各年のページにジャンプします。

最終更新: 2019年5月28日

受賞(2019年)

       
  1. 博士後期課程2年 菅 忠明、2019年3月、APSTJ Global Education Seminar Presentation Award 2018
    「Development of ligand-modified liposomes for cancer-targeted delivery system」
    (→ 大学広報
  2.    
  3. 薬科学科4年 野田健太、2019年3月、平成30年度 薬科学科分野横断型卒業研究ポスター発表会 優秀ポスター賞
    「RGD修飾リポソームの肺がん細胞への取り込み特性の評価と製剤調製法の最適化を目的とする新規RGD修飾脂質の開発」
    (→ 薬学部広報 [PDF]
  4.    
  5. 博士課程3年 大山奈津子、2019年3月、学長賞(学術研究活動において顕著な業績を挙げた学生)
    (→ 大学広報
  6. 博士前期課程2年 加藤直也、2019年3月、学長賞(修了時において特に優秀な成績を修めた学生)
    (→ 大学広報
  7. 博士課程1年 川口真帆、2019年5月、日本薬剤学会第34回年会永井財団大学院学生スカラシップ受賞「肝臓を標的とした外部刺激応答性遺伝子導入法における組織内遺伝子発現分布の評価」

研究業績(2019年)

→ 論文
→ 学会発表

論文

英文・原著

  1. Yusuke Miura, Yuki Fuchigami, Sakiko Nomura, Koyo Nishimura, Masayori Hagimori, and Shigeru Kawakami†: Brain microdialysis study of vancomycin in the cerebrospinal fluid after intracerebroventricular administration in mice, AAPS PharmSciTech, 20, 5 (2019) (IF: 2.666) (†: corresponding author)
  2. Tadaharu Suga, Masanori Watanabe, Yuri Sugimoto, Tomonari Masuda, Naotaka Kuroda, Masayori Hagimori, and Shigeru Kawakami†: Synthesis of a high functionality and quality lipid with gp130 binding hydrophobic peptide for the preparation of human glioma cell-targeted PEGylated liposomes, Journal of Drug Delivery Science and Technology, 49, 668-673 (2019) (IF: 2.297)(†: corresponding author)
  3. Kaname Ohyama, Yuka Ikeshita, Yuki Fuchigami, Shigeru Kawakami, Mihoko N. Nakashima, and Mikiro Nakashima: Proteomic analysis and ATP assay reveal a positive effect of artificial cerebral spinal fluid perfusion following microdialysis sampling on repair of probe-induced brain damage, Journal of Neuroscience Methods, 315, 1-5 (2019) (IF: 2.668)
  4. Koki Ogawa, Yuki Fuchigami, Masayori Hagimori, Shintaro Fumoto, Kazuo Maruyama, Shigeru Kawakami†: Ultrasound-responsive nanobubble-mediated gene transfection in the cerebroventricular region by intracerebroventricular administration in mice, European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics, 137, 1-8 (2019) (IF: 4.491)(†: corresponding author)
  5. Jian Qing Peng, Shintaro Fumoto, Tadaharu Suga, Hirotaka Miyamoto, Naotaka Kuroda, Shigeru Kawakami, and Koyo Nishida: Targeted co-delivery of protein and drug to a tumor in vivo by sophisticated RGD-modified lipid-calcium carbonate nanoparticles, Journal of Controlled Release, in press 32, 42-53 (2019)(IF: 7.877)
  6. Masayori Hagimori, Mana Taniura, Naoko Mizuyama, Yasushi Karimine, Shigeru Kawakami, Hideo Saji, and Takahiro Mukai: Synthesis of a novel pyrazine–pyridone biheteroaryl-based fluorescence sensor and detection of endogenous labile zinc ions in lung cancer cells, Sensers, 19(9), 2049 (2019) (IF: 2.475)
  7. Koyo Nishimura, Keita Yonezawa, Shintaro Fumoto, Yusuke Miura, Masayori Hagimori, Koyo Nishida, and Shigeru Kawakami†: Application of direct sonoporation from a defined surface area of the peritoneum: evaluation of transfection characteristics in mice, Pharmaceutics, 11, 244 (2019) (IF: 3.746) (†: corresponding author)

和文・著書

学会発表

依頼講演

  1. 川上 茂、菅 忠明:多色深部イメージングを利用した空間分布制御型ナノDDSの開発、日本薬学会139年会、2019年3月22日、千葉
  2. Tadaharu Suga and Shigeru Kawakami : Development of ligand-modified liposomes for cancer-targeted delivery system, APSTJ Global Education Seminar 2018 3rd, March 7th, 2019, Nagasaki
  3. 麓伸太郎、川上 茂、西田孝洋:多色深部イメージング評価系に基づく脳への外部刺激応答性DDS開発戦略、日本薬学会139年会、2019年3月22日、千葉
  4. 一般講演

    1. 萩森 政頼、狩峯 寧、小野 亜佳莉、加藤 直也、水山 奈央子、川上 茂: 亜鉛検出用蛍光ナノ粒子の合成および基礎的評価、第18回日本亜鉛栄養治療研究会、2019年2月2日、大阪
    2.   
    3. 小川昂輝、渕上由貴、西村光洋、麓伸太郎、川上 茂:超音波応答性バブル製剤と遺伝子ベクターの脳室内投与による脳組織特異的な遺伝子導入法の開発、平成30年度 第4回超音波分子診断治療研究会、2019年3月16日、福岡
    4. 菅 忠明、内山詩乃、増田智成、萩森政頼、川上 茂:膵癌深部への送達を目的とする微小な膵癌指向型リポソーム製剤の開発、日本薬学会139年会、2019年3月21日、千葉
    5. 大山奈津子、川口真帆、鶴丸雅子、萩森政頼、川上 茂:腎臓への圧力刺激を利用した遺伝子導入法:輸尿管投与・腎動脈投与後の腎臓内遺伝子発現と空間分布特性の解明、日本薬学会139年会、2019年3月22日、千葉
    6. Koyo Nishimura, Maho Kawaguchi, Shintaro Fumoto, Shigeru Kawakami:Suppression effect on peritoneal fibrosis by HGF gene encoding CpG-free plasmid DNA using nanobubbles with ultrasound irradiation, 19th Symposium for Gene, Design and Delivery,May 8th, 2019,Chiba(国際シンポジウム)
    7. Maho Kawaguchi, Ayaka Ueki, Koyo Nishimura, Shintaro Fumoto, Shigeru Kawakami:Development of a multi-color deep imaging method of the ultrasound-responsive gene system for the evaluation of intratumoral transgene expression in murine tumor models, 19th Symposium for Gene, Design and Delivery,May 8th, 2019,Chiba(国際シンポジウム)
    8. Koki Ogawa, Yuki Fuchigami, Koyo Nishimura, Shintaro Fumoto, Shigeru Kawakami:Evaluation of ICV administration and ultrasound-mediated gene transfection in the brain using multicolor deep imaging, 19th Symposium for Gene・Design and Delivery,May 8th, 2019, Chiba(国際シンポジウム)
    9. 菅 忠明、野田健太、杉本友里、増田智成、麓伸太郎、川上 茂 : リポソームの腫瘍深部送達を目的とする標的指向型Limit Sizeリポソームの開発、日本薬剤学会 第34年会、2019年5月16日~18日、富山
    10. 川口真帆、大山奈津子、鶴丸雅子、西村光洋、麓伸太郎、川上 茂:肝臓を標的とした外部刺激応答性遺伝子導入法における組織内遺伝子発現分布の評価、日本薬剤学会第34年会、2019年5月16日~18日、富山
    11. 西村光洋、小川昂輝、麓伸太郎、川上 茂: 腹膜線維症病態時の組織構造と遺伝子発現分布の組織内空間的評価による腹腔内組織への超音波応答性DDSの開発、第35回日本DDS学会学術集会、2019年7月4日~5日、神奈川
    12. 小川昂輝、渕上由貴、西村光洋、麓伸太郎、川上 茂:超音波応答性バブル製剤の脳室内投与による脳局所特異的な遺伝子送達システムの開発、第35回日本DDS学会学術集会、2019年7月4日~5日、神奈川

↑ PAGE TOP

医薬品情報学分野
〒852-8588 長崎市坂本1-7-1 長崎大学医歯薬学総合研究棟7階
Tel/Fax: 095-819-8563

Copyright © Department of Pharmaceutical Informatics. All Rights Reserved.
Web Design:Template-Party