臨床研究薬学研究室ホームページ

Department of Clinical Research Pharmacy

メ ン バ ー

教員

  • 教授:都田 真奈(薬学部育薬研究教育センター所属)
  • 准教授:北里 海雄(薬学部育薬研究教育センター所属)

学生

  • 薬学科6年 吉村 浩明
  • 薬学科6年 岩男 聖弥
  • 薬学科6年 城戸 麻美
  • 薬学科5年 西川 月
  • 薬学科4年 石橋 洋二
  • 薬学科4年 山口 彩月

研 究 内 容

宿主免疫応答の研究

 免疫系は、病原体や花粉などの異物が体に侵入した際に、様々な種類の免疫細胞が連携して働き異物を排除するための体を守る大切な仕組みである。近年では、免疫系の異常は、感染症やアレルギーだけでなく癌、神経疾患、循環器疾患のなどの疾病の発症原因の一つであると報告されている。そのため、疾病の発生とその治療に免疫がどのように関わっているのか明らかにすることが今後の医療の発展には必要不可欠である。本研究室では、免疫調節物質を探索し、その物質の免疫調節機序を明らかにし、医療に役立てたることを目指している。
 その他、地域医療・地域保健に関する研究、疾病予防教育に関する研究を行っている。

主な研究テーマ

(1)マラリア原虫感染に対する免疫応答の解析

 マラリア感染症は、世界3大感染症であり、特効薬や効果的なワクチンはまだ無い。マラリアが原虫に対する免疫が持続せず、免疫記憶ができにくいなどの宿主免疫抑制が、蔓延原因の一つである。本研究では、宿主免疫抑制解除あるいは免疫増強する物質を探索し、その作用機序を解明する。

(2)乳酸菌による宿主免疫の調節機構の解析

 腸内細菌が宿主免疫を適正に調節することで、様々な疾病を予防することが報告されている。本研究では腸内あるいは食品由来の乳酸菌の代謝物の中から、免疫調節物質を探索し、その免疫調節機構を解明する。

業 績

2021年

  • CD49d marks Th1 and Tfh-like antigen-specific CD4+ T cells during Plasmodium chabaudi infection. Jian JY, Inoue SI, Bayarsaikhan G, Miyakoda M, Kimura D, Kimura K, Nozaki E, Sakurai T, Fernandez-Ruiz D, Heath WR, Yui K. Int Immunol. 33(8):409-422. 2021
  • Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy (4th edition)Klionsky DJ, Abdel-Aziz AK, Abdelfatah S, Abdellatif M, Abdoli A, Abel S, Abeliovich H, Abildgaard MH, Abudu YP, ・・・・Kitazato K, et.al. Autophagy. 2021 Jan;17(1):1-382.

2020年

  • Activation and IL-10 production of specific CD4+ T cells are regulated by IL-27 during chronic infection with Plasmodium chabaudi. Sukhbaatar O, Kimura D, Miyakoda M, Nakamae S, Kimura K, Hara H, Yoshida H, Inoue SI, Yui K. Parasitol Int. 74:101994. 2020
  • Wang Y, Song X, Wang Y, Huang L, Luo W, Li F, Qin S, Wang Y, Xiao J, Wu Y, Jin F, Kitazato K, Wang Y. Crit Rev Microbiol. 46(4):381-396. 2020. Review.

2019年

  • Role of IL-10 in inhibiting protective immune responses against infection with heterologous Plasmodium parasites. Nakamae S, Kimura D, Miyakoda M, Sukhbaatar O, Inoue SI, Yui K. Parasitol Int. 70:5-15. 2019
  • Roles of HSV-1 infection-induced microglial immune responses in CNS diseases: friends or foes? Wang Y, Jia J, Wang Y, Li F, Song X, Qin S, Wang Z, Kitazato K, Wang Y. Crit Rev Microbiol. 45(5-6):581-594. 2019. Review
  • Selective Autophagy Regulates Cell Cycle in Cancer Therapy. Zheng K, He Z, Kitazato K, Wang Y. Theranostics. 9(1):104-125. 2019. Review

2018年

  • Heat-shock protein 90α is involved in maintaining the stability of VP16 and VP16-mediated transactivation of α genes from herpes simplex virus-1. Wang Y, Wang R, Li F, Wang Y, Zhang Z, Wang Q, Ren Z, Jin F, Kitazato K, Wang Y .Mol Med. 24(1):65. 2018
  • Metformin Promotes the Protection of Mice Infected With Plasmodium yoeliiIndependently of γδ T Cell Expansion. Miyakoda M, Bayarsaikhan G, Kimura D, Akbari M, Udono H, Yui K. Front Immunol. 9:2942 2018
  • Defects in centromeric/pericentromeric histone H2A T120 phosphorylation by hBUB1 cause chromosome missegregation producing multinucleated cells. Maeda K, Yoneda M, Nakagawa T, Ikeda K, Higashi M, Nakagawa K, Miyakoda M, Yui K, Oda H, Inoue S, Ito T. Genes Cells. 23(10): 828-838. 2018
  • The Gut-Microglia Connection: Implications for Central Nervous System Diseases. Wang Y, Wang Z, Wang Y, Li F, Jia J, Song X, Qin S, Wang R, Jin F, Kitazato K, Wang Y. Front Immunol. 9: 2325. 2018 Review
  • Differential requirements for IRF4 in the clonal expansion and homeostatic proliferation of naive and memory murine CD8+ T cells. Miyakoda M, Honma K, Kimura D, Akbari M, Kimura K, Matsuyama T, Yui K. Eur J Immunol. 48(8):1319-1328. 2018
  • HSV-1-encoded microRNA miR-H1 targets Ubr1 to promote accumulation of neurodegeneration-associated protein. Zheng K, Liu Q, Wang S, Ren Z, Kitazato K, Yang D, Wang Y. Virus Genes. 54(3):343-350. 2018

報道