長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 分子薬理学分野
members
HOME
教授挨拶
メンバー紹介
研究概要・研究への誘い
研究業績
教育活動
学会・研究会・メディア掲載
行事
募集
アクセス
 
長崎大学重点課題「痛み克服の国際的研究教育拠点の形成」
 
 
 
メンバー紹介
ホーム>メンバー紹介>教授 植田弘師

欧文原著論文欧文総説欧文プロシーディング邦文著書邦文総説
国際学会・シンポジウム講演国内学会・シンポジウム講演

プロフィール
Hiroshi Ueda, Ph.D. Professor and Chairman
  教 授  植 田 弘 師 (うえだ ひろし)

国立大学法人長崎大学
長崎大学生命医科学域創薬薬理学分野教授
昭和29年2月21日生
出身地 大阪府

年 月 学・職・研究歴
1976 (昭和51年3月) 京都大学薬学部卒業
1981 (昭和56年3月) 京都大学大学院薬学研究科(薬理学専攻)修了
1981-1983
(昭和56年4月〜昭和58年3月)
横浜市立大学医学部薬理学助手
1983-1991
(昭和58年4月〜平成3年8月)
京都大学薬学部薬理学助手
1991-1996
(平成3年9月〜平成8年3月)
横浜市立大学医学部薬理学助教授
1996-2002
(平成8年4月〜平成14年3月)
長崎大学薬学部分子薬理学教授
2002-2016
(平成14年4月〜平成29年6月)
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科創薬薬理学
 2017-
(平成29年7月-) 現在に至る
長崎大学生命医科学域創薬薬理学(名称変更)

年 月 免許・学位・受賞歴
1977 (昭和52年3月31日) 薬剤師免許取得
1981 (昭和56年3月23日) 京都大学薬学博士号取得(鎮痛活性ペプチド、kyotorphinの脳組織からの分離、同定とその薬理活性に関する研究)
1985 (昭和60年4月3日) 昭和60年度日本薬学会奨励賞受賞(鎮痛活性ペプチド、キョートルフィンの脳からの単離と作用機序に関する研究)
1989 (平成1年3月26日) 第4回日本薬理学会学術奨励賞受賞(オピオイドレセプター機構の分子薬理学的研究)

年 月 所属学会
1975- 日本薬学会員
1975- 日本薬理学会員(1985年より評議員)
1981- 日本神経科学協会員(後に日本神経科学会員と名称変更)
1981- 国際脳研究機構(IBRO)会員
1981- 国際麻薬研究協議会(INRC)会員
1982- 日本神経化学会員(1996より評議員)
1988- 日本生化学会員(1997年より評議員)
1988- 北米神経科学会員
1994- 国際麻薬研究協議会(INRC)理事(1994-1997、2000-2003、2005-2008)
2001- 国際疼痛学会(IASP)会員
2002- 日本疼痛学会会員及び理事
2009-  日本線維筋痛症学会 副理事長(2012-)
2010-   国際疼痛学会(IASP) Councilor(-2016)

年 月 研究・社会活動
2007- 文部科学省ターゲットタンパク研究プログラム
プログラムオフィサー(-2012.3)
2011- 文部科学省最先端研究基盤事業
(化合物ライブラリーを活用した創薬等最先端研究・教育基盤の整備)研究代表者(-2013.3)
2012- 文部科学省 研究開発施設共用等促進費補助金(創薬等支援ライフサイエンス研究支援基盤事業)「創薬等支援技術基盤プラットフォーム」課題管理者(-2017.3)
2017.9-  京都大学(薬学研究科)連携教授
2017.9-    McGill大学客員教授

年 月 学術雑誌編集委員
1998- Neurochemistry International, Editorial Advisory Board
 2005-  Molecular Pain, Editorial Advisory Board
 2011-  Pain Management, Editorial Board
 2017-  Nourobiology of Pain, Editorial Board

欧文原著論文欧文総説欧文プロシーディング邦文著書邦文総説
|国際学会・シンポジウム講演|国内学会・シンポジウム講演|
 
 
長崎大学
 
Copyright