薬理学サマーセミナー2005長崎
「痛み研究への誘い-研究戦略と方法論」


主催:(社)日本薬理学会 実行委員会:研究推進委員会

プログラム作成責任者:植田弘師(長崎大院・医歯薬・分子薬理)

           仲田義啓(広島大院・医歯薬・薬効解析)

				



開催日時:2005年9月1日(木)〜 3日(土)

実施場所:長崎温泉やすらぎ伊王島

〒851-1201 長崎県長崎市伊王島町1丁目3277番地7 

電話:095-898-2202 Fax:095-898-2204 

交通機関はホームページを参照ください。

(http://www.ioujima.jp/index_f.html









9月1日(木)午後2時より	



  仲田義啓	(広島大)		Overview



「痛み標的分子を知る」講演30分、討論30分

  富永真琴	(岡崎生理研)	TRPチャンネルと痛み

  川畑篤史	(近畿大)		PAR-2と痛み

  谷内一彦	(東北大)		痛み受容におけるヒスタミンの役割





9月2日(金)午前9時より



「記憶される痛みを知る」講演30分、討論30分

  田邊 勉	(東京医歯大)	カルシウムチャンネルと痛み

  井上 誠	(長崎大)		脂質メディエーターと痛み

  伊藤誠二	(関西医大)	脊髄NO産生と痛み

  倉石 泰	(富山医薬大)	種々の神経因性疼痛モデル

  冨安志郎	(長崎市民病院)	がんと痛み−臨床の立場から−



「痛みとオピオイドのいま、むかし」

  植田弘師	(長崎大)		世界の研究者たち

		



9月3日(土)午前9時より	正午まで



「痛みを知るアプローチ」パネルディスカッション形式

  伊藤誠二	(関西医大)	神経因性疼痛に関与する生体因子のプロテオミクスと機能解析

  井上和秀	(九州大)		細胞・組織学的アプローチ: ATPを例として

  富永真琴	(岡崎生理研)	生理学的アプローチ

  谷内一彦	(東北大)		ヒトにおける痒みと痛みの非侵襲的機能イメージング研究



				



・募集参加人数:約60名(応募者が多い場合は調整させて頂きます)

・対象:日本薬理学会会員(年齢制限はありません)

・参加費:2万円(宿泊費、食費、懇親会費、乗船券に当てます)

     なお、長崎での開催のため、参加学生の旅費を一部補助致します。

・申込締切:2005年6月30日(木)

・申込・連絡先:「薬理学サマーセミナー2005長崎 事務局」井上 誠 宛

    e-mail: minoue@net.nagasaki-u.ac.jp 電話: 095-819-2422 Fax: 095-819-2420 

・参加申込方法:御氏名、年齢、性別、御所属、電話及びFax番号、e-mailアドレスを 

        minoue@net.nagasaki-u.ac.jp まで送信下さい。

・参加費納入方法:参加決定時にお知らせ致します。







実行委員長:植田弘師(長崎大院・医歯薬・分子薬理)

(http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/soyakuri/index-j.html)