ページ一覧

研究会主旨

メンバー表

活動報告

環境ホルモンの発生源

長崎大学ホームページへ

リンク集

関連研究活動報告

受賞歴・研究費取得状況

図表のページ

学会発表要旨集

大学内教官紹介ページ

植田弘師 研究業績(平成13年6月現在)

学術論文

  1. Tokuyama, S., Hirata, K., Ide, A. and UEDA, H. (1997) Sigma ligands stimulate GTPase activity in mouse prefrontal membranes : evidence for the existence of metabotropic sigma receptor. Neurosci. Lett. 233, 141-144.
  2. Tokuyama, S., Hirata, K., Yoshida, A., Maruo, J., Matsuno, K., Mita, S. and UEDA, H. (1999) Selective coupling of mouse brain metabotropic sigma (s) receptor with recombinant Gi1. Neurosci. Lett. 268, 85-88.
  3. Maruo, J., Yoshida, A., Shimohira, I, Matsuno, K., Mita, S. and UEDA, H. (2000) Binding of [35S]GTPgS stimulated by (+)-pentazocine, sigma receptor agonist, is abundant in the guinea pig spleen. Life Sciences, 67, 599-603.
  4. Ueda H, Yoshida A, Tokuyama S, Mizuno K, Maruo J, Matsuno K, and Mita S. (2001) Neurosteroids stimulate G protein-coupled sigma receptors in mouse brain synaptic membrane. Neuroscience Research. In press.
  5. Ueda H, Inoue M, Yoshida A, Mizuno K, Yamamoto H, Maruo J, Matsuno K, and Mita S. (2001) Metabotropic neurosteroid / sigma receptor involved in stimulation of nociceptor endings of mice. JPET. 298.1-8.
  6. 植田弘師、松野聖:シグマ(s)受容体と神経ステロイド、脳の化学、20巻、900-902、1998年
  7. 植田弘師、吉田明:シグマ受容体と神経ステロイド、日本薬理学雑誌、114、51-59、1999年
  8. 吉田明、植田弘師:ニューロステロイドの生成過程と作用機序、脳の科学、22巻、37-42,2000年
  9. 植田弘師、植田睦美:神経ステロイド、臨床精神医学、印刷中

 

国際シンポジウム招待講演

  1. UEDA, H.: Neurosteroids as endogenous ligands of Gi-coupled s-receptor, In The 14th Japan-Korea Joint Seminar on Pharmacology, Nagoya, 1998, 6.
  2. Akira Yoshida, Hiroshi Ueda. Two types of neurosteroid receptors sensitive to sigma ligands or endocrine disruptors. International Symposium on Neuronal Signaling and Protein-Phosphorylation-Dephosphorylation Fukuoka,Japan, 2000,6. 要旨 

国際学会及び国際シンポジウム一般講演

  1. UEDA, H., Tokuyama, S., Nomura, H., Hirata, K., Yoshida, A., Maruo, J., Matsuno, K. and Mita, S. Neurosteroids as endogenous ligands for Gi-coupled s receptor, but not s1 binding protein. 28th Annual Meeting of Society for Neuroscience, Los Angeles, 1998, 11. Abstracts pp. 1594.
  2. Inoue, M., Kurosu G., Yoshida, A., Matsuno, K., Mita, S., UEDA, H. Nociceptin induced by sigma receptor agonists through a novel metabotrophic sigma receptor insensitive to neurosteroids. 29th Annual Meeting of Society for Neuroscience, Miami, 1999, 10. Abstracts pp. 1475. 要旨

国内特別講演及びシンポジウム招待講演

  1. 徳山尚吾、平田欣也、植田弘師:シグマ受容体の細胞膜情報伝達、第71回 日本薬理学会総会、1998年3月(京都)
  2. 植田弘師、吉田明:神経ステロイドーその脳機能調節作用と分子基盤、第43回日本神経化学会、日本生物学的精神医学会合同企画シンポジウム(公開シンポジウム)「神経ステロイドの新しい受容体」、2000年10月(金沢)要旨英文要旨雑誌「神経化学」紹介文
  3. 吉田明、植田弘師:内分泌かく乱物質による神経ステロイドの新しいG蛋白質関連型受容体への抑制作用、第74回日本薬理学会年会、シンポジウム「内分泌かく乱物質の中枢神経系への影響、2001年3月、(横浜)英文要旨   

国内学会及びシンポジウム一般講演

  1. 鈴木光子、吉田明、水野恭伸、円尾純子、松野聖、三田四郎、植田弘師:G蛋白質連関型及び非連関型シグマ受容体と神経ステロイド、平成11年度日本生化学会九州支部例会、1999年、4月(福岡)
  2. 黒須玄太、井上誠、植田弘師:神経ステロイドによる知覚過敏と環境ホルモン、16回日本薬学会九州支部大会、1999年、12月(長崎)
  3. 植田弘師、黒須玄太、井上誠、円尾純子、松野聖、三田四郎:末梢侵害性試験により証明されたシグマ化合物、神経ステロイド、環境ホルモン共通の受容体(NS/σ-1、NS-2)の存在第73回日本薬理学会年会、2000年3月(横浜)

公開講座講演

  1. 脳神経系に作用する環境ホルモンの細胞膜受容体、産学官技術交流会、 平成12年10月(長崎)抄録