関連研究活動報告

受賞歴・研究費取得状況

図表のページ

学会発表要旨集

大学内教官紹介ページ

清水 康博 受賞・研究費取得状況

1.受賞

平成4年4月 電気化学協会(現 電気化学会)進歩賞・佐野賞受賞

「ガス分子認識のためのセラミックスの機能界面の設計と制御に関する研究」

平成13年4月 電気化学会論文賞受賞

「H2 Sensing Properties and Mechanism of Nb2O5-Bi2O3 Varistor-type Gas Sensors」

 

2.研究費の取得状況(研究代表者として取得分のみ、また学内の学長裁量経費等は除く)

  1. 昭和61年度文部省科学研究費補助金『奨励研究(A)』「セラミック湿度センサの感湿機構」80万円                                 
  2. 昭和62年度文部省科学研究費補助金『奨励研究(A)』「ランタン−チタン系多孔質ガラスセラミック湿度センサ」90万円
  3. 昭和62年度長崎先端技術開発協議会『研究開発費助成』「空燃費制御用半導体型酸素センサの開発」40万円          
  4. 昭和63年度文部省科学研究費補助金『奨励研究(A)』「固定化液膜による二酸化炭素濃度の検出」90万円          
  5. 平成4年度文部省科学研究費補助金『奨励研究(A)』「ガス分子認識のための半導体薄膜のヘテロ積層」 90万円
  6. 平成4年度池谷科学技術振興財団研究助成「迅速な鮮度判定のための半導体ガスセンサ材料の設計」 150万円
  7. 平成5年度文部省科学研究費補助金『奨励研究(A)』「ガスの反応性と拡散性の制御による半導体ガスセンサのインテリジェント化」120万円
  8. 平成5年度熊谷科学技術振興財団『外国旅費助成金』「第5回化学センサ国際会議」42万円
  9. 平成5年度旭硝子財団『研究助成金』「半導体ガスセンサのインテリジェント化−ガスの反応性と拡散性の制御−」200万円
  10. 平成5年度(第5回)徳山科学技術振興財団『研究助成』「積層型半導体ガスセンサによるアンモニアガスの高感度検出」 200万円
  11. 平成5年度(財)九州産業技術センター『基盤技術研究』「ムライト質多孔性セラミックス表面への固体電解質薄膜の作製」103万円
  12. 平成6年度矢崎科学技術振興財団『奨励研究助成』「バリスタ特性に及ぼす粒界の過剰酸素イオンの役割の解明とバリスタ特性の可燃性ガスセンサへの応用」100万円
  13. 平成6年度泉科学技術振興財団『国際研究集会出席旅費助成』「セラミックプロセッシング科学技術国際会議」23万円
  14. 平成6年度(第9回)材料科学研究助成基金『材料科学研究助成金』「擬LB法を用いたセラミックス超微粒子積層膜の調製」 80万円
  15. 平成7年度(第22回)岩谷直治記念財団『岩谷科学技術助成金』「炭化ケイ素ウィスカーから発生するマイクロ波誘起プラズマの制御とそれを利用した環境汚染ガスの分解」 200万円
  16. 平成7年度石川カーボン科学技術振興財団『研究助成』「炭化ケイ素ウィスカーから発生するマイクロ波誘起プラズマを利用した環境汚染ガスの分解」 40万円
  17. 平成7年度(第17回)日本板硝子材料工学助成会『研究助成』「炭化ケイ素ウィスカーから発生する低温プラズマの制御とその応用」 150万円
  18. 平成7年度稲盛財団『助成金』「擬LB法を用いたセラミック超微粒子積層膜の調製」 100万円
  19. 平成8年度長崎先端技術開発協議会『研究開発費助成』「高気圧プラズマ発生用セラミックウィスカーの開発とその有効利用」 50万円
  20. 平成9年度泉科学技術振興財団『研究助成』「バリスタ型ガスセンサのガス検知機構の解明と高性能化」 105万円
  21. 平成10年度文部省科学研究費補助金『基盤研究(C)』「特殊反応場を利用した環境汚染ガスの高効率分解」 230万円
  22. 平成11年度文部省科学研究費補助金『基盤研究(C)』(継続)「特殊反応場を利用した環境汚染ガスの高効率分解」120万円
  23. 平成12年度科学研究費補助金『基盤研究(B)(2)一般』「粒界のミクロ制御によるバリスタ型環境ガスセンサの設計」1,150万円
  24. 平成12年度科学研究費補助金『萌芽的研究』「マイクロ波誘起プラズマを利用した液相有機合成反応」140万円     
  25. 平成13年度科学研究費補助金『基盤研究(B)(2)一般』(継続)「粒界のミクロ制御によるバリスタ型環境ガスセンサの設計」170万円
  26. 平成13年度科学研究費補助金『萌芽的研究』(継続)「マイクロ波誘起プラズマを利用した液相有機合成反応」      50万円
  27. 平成13年度科学研究費補助金『基盤研究(B)(2)展開』「マイクロ波誘起常圧プラズマをもちいた燃焼排ガス中の有害物質分解システムの構築」 1,100万円
  28. 第5回(平成13年度)トヨタ先端科学技術研究助成プログラム「マイクロ波誘起常圧N2プラズマによる窒素酸化物とディーゼルパティキュレートの同時除去」200万円
  29. 平成13年度RITE((財)地球環境産業技術研究機構)優秀研究企画「マイクロ波誘起常圧窒素プラズマによるダイオキシン類の分解」650万円

合計 5,863万円