関連研究活動報告

受賞歴・研究費取得状況

図表のページ

学会発表要旨集

大学内教官紹介ページ

清水 康博 関連研究活動報告 (平成13年2月現在)

【原著論文】

M. Egashira, Y. Shimizu, Y. Takao, M. Ono and S. Sasada,Decomposition of Trichloroethylene by Microwave-Induced-Plasma Generated from SiC Whiskers, J. Electrochem. Soc., 145(1), 229-235 (1998). (平成10年1月)

Y. Shimizu, K. Ogawa, Y. Takao and M. Egashira, Decomposition of Trichloroethylene by Microwave-Induced Ar Plasma Generated from SiC Ceramics under Atmospheric Pressure, Denki Kagaku, 66(10), 1018-1025 (1998). (平成10年10月)

Y. Shimizu, Y. Akai, T. Hyodo, Y. Takao and M. Egashira, Decomposition of Trichlorotrifluoroethane by Microwave-Induced Ar Plasma Generated from SiC Ceramics under Atmospheric Pressure, J. Electrochem. Soc., 146 (8), 3052-3058 (1999). (平成11年8月)

【国際会議】

M. Egashira, Y. Shimizu, Y. Takao and S. Sasada, Decomposition of Fluorocarbon by Microwave-Induced-Plasma Generated from SiC Whiskers, Proc. of Intern. Symp. on Environmental Issues of Ceramics, Oct. 19-20, 1994, Sapporo, Japan (1995) pp.185-189. (平成7年7月)

T. Hyodo, Y. Akai, Y. Takao, Y. Shimizu and M. Egashira, Decomposition of Trichlorotrifluoroethane by Microwave-Induced-Plasma under Atmospheric Pressure, Abstract of the 49th Annual Meeting of ISE, Sept. 13-18, 1998, Kitakyushu, Japan (1998) p.525. (平成10年9月)

Y. Shimizu and M. Egashira, Decomposition of Toxic Halogenated Hydrocarbons by Microwave-Induced Ar Plasma Generated from SiC Ceramics under Atmospheric Pressure, Proc. of Italy-Japan Seminar on Functional Ceramic Materials, Sept. 29, 1998, Tokyo, Japan (1998) pp.58-61. (平成10年9月)

K. Ogawa, Y. Takao, Y. Shimizu and M. Egashira, Decomposition of Trichloroethylene by Microwave-Induced-Plasma Generated from SiC Ceramics under Atmospheric Pressure, Proc. of the Intern. Symp. on Novel Synthesis and Processing of Ceramics, Oct. 26-29, 1997, Kurume, Japan (Key Engineering Materials Vols. 159-160, Trans. Tech. Publications, Switzerland) (1999) pp.113-118. (論文審査有) (平成11年1月)

T. Hyodo, Y. Moriuchi, Y. Shimizu and M. Egashira, Decomposition of CFC 113 by Microwave-Induced Plasma, 17th Symposium on Plasma Processing, Jan. 26-28, 2000, Nagasaki, Japan (2000) pp.605-608. (平成12年1月)

M. Horiguchi, T. Hyodo, Y. Takao, Y. Shimizu and M. Egashira, Cooperative Decomposition of Trichlorotrifluoroethane by Microwave-Induced Plasma and Catalyst under Atmospheric Pressure, Electrochemical Society Proceedings (Environmental Aspects of Electrochemical Technology), 99(39), 75-84 (2000). (平成12年4月)

Y. Shimizu, H. Inada, T. Hyodo, M. Egashira, Decomposition of Monochloro- benzene by Microwave-Induced Plasma Generated from SiC Ceramics under Atmospheric Pressure, Proc. of Plasma Science Symp. 2001 / The 18th Symp. on Plasma Processing, Jan. 24-26, 2001, Kyoto, Japan (2001) pp.683-684. (平成13年1月)

清水康博、堀口誠、兵頭健生、江頭誠(長崎大工)「水溶液中で発生させたマイクロ波誘起プラズマによる有機有害物質の分解」環境科学討論会(2001年5月)要旨

【報告書等】

清水康博、炭化ケイ素ウィスカーから発生するマイクロ波誘起プラズマの制御とそれを利用した環境汚染ガスの分解、needs 1996(財団法人岩谷直治記念財団機関誌)、第22巻、p.48 (1996). (平成8年8月)

江頭 誠、清水康博、高尾雄二、笹田誠一、小野正樹、赤井喜洋、小川和也、導電性セラミックスを励起源とする常圧プラズマとその利用、長崎大学からの情報発信 U96(長崎大学地域共同研究センター)第2号、p.85 (1997). (平成9年3月)

清水康博、高尾雄二、江頭 誠、高気圧プラズマ発生用セラミックウィスカーの開発とその有効利用、長崎先端技術開発協議会平成8年度研究成果報告書、第14号、 pp.58-65 (1997). (平成9年7月)

江頭 誠、清水康博、高尾雄二、小川和也、マイクロ波誘起プラズマによる環境汚染ガスの高効率分解、長崎大学からの情報発信 U97(長崎大学地域共同研究センター)第3号、p.81 (1998).(平成10年3月)

清水康博、高尾雄二、江頭 誠、炭化ケイ素ウィスカーから発生する低温プラズマの制御とその応用、(財)日本板硝子材料工学助成会成果報告書、第16巻 、pp.84-90 (1998). Y. Shimizu, Y. Takao and M. Egashira, Control of Plasma Discharge from SiC Whiskers and its Application (Japanese), Nippon Sheet Glass Foundation for Materials Science and Engineering Report, 16, 84-90 (1998).(平成10年7月)

清水康博、山本康正、高尾雄二、江頭 誠、セラミックウィスカーを励起源とするマイクロ波誘起常圧Arプラズマの発生と制御、長崎大学工学部研究報告、第28巻、第51号, 243-248 (1998). Y. Shimizu, Y. Yamamoto, Y. Takao and M. Egashira, Generation and Control of Microwave-Induced Ar Plasma Triggered by Ceramic Whiskers under Atmospheric Pressure (Japanese), Report of the Faculty of Engineering, Nagasaki University, 28(51), 243-248 (1998).(平成10年7月)

清水康博、高尾雄二、江頭 誠、炭化ケイ素ウィスカーから発生するマイクロ波誘起プラズマの制御とそれを利用した環境汚染ガスの分解、(財)岩谷直治記念財団平成10年度研究報告書、第21巻、pp.81-84 (1998). Y. Shimizu, Y. Takao and M. Egashira, Control of Microwave-Induced Plasma Generated from SiC Whiskers and Its Effective Use for Decomposing a Gaseous Pollutant (Japanese), Research Reports of the Iwatani Naoji Foundation, 21, 81-84 (1998). (平成10年8月)

江頭 誠、清水康博、高尾雄二、兵頭健生、小川和也、マイクロ波誘起プラズマによるTiN薄膜の作製、長崎大学からの情報発信 U98(長崎大学地域共同研究センター)第4号、p.98 (1999). (平成11年7月)

江頭 誠、清水康博、兵頭健生、堀口 誠、マイクロ波誘起プラズマによるフロンの分解−触媒による部分分解生成物の分解除去効果−、長崎大学からの情報発信 U99(長崎大学地域共同研究センター)第5号、p.104 (2000). (平成12年2月)

清水康博、江頭 誠、兵頭 健生、特殊反応場を利用した環境汚染ガスの高効率分解 、科研費基盤研究(C)(2)研究成果報告書 (2000). (平成12年3月)

研究室のホームページアドレス
http://www.mase.nagasaki-u.ac.jp/lab/zaika/zak.htm