Drug Delivery System (クスリの宅配便)
 クスリは体内に吸収され、様々な部位に分布し、一部は代謝され、最終的に体外へと排泄される。このようなクスリの体内での動きは、薬効や毒性と密接な関係にある。しかし、強力な薬理効果を有するものの、生体内への吸収率が低く、速やかに分解を受けるクスリも多いのが現状である。そこで、クスリの吸収、分布、代謝、排泄過程を速度論的に解析し、クスリの生体内での動きを精密にコントロールするドラッグデリバリーシステム(DDS)と呼ばれる新しいクスリの投与形態が生まれた。
 DDSは、宅配便が個人宅に品物を指定時間に届けるように、クスリを指示通り正確に、適切な時間に必要量だけ、生体内の作用点に送り届ける運搬システム「クスリの宅配便」に例えられる。

2648 since 2008.05
Last updated 08/27/16