7357 since 2008.05
Last updated 07/28/17

薬剤学研究室HPへ戻る

気は早いですが、2020年(東京オリンピックの年)に教授就任10周年を
開催予定。薬剤学研究室開講60周年にもあたります。
 

少人数でしたが、神戸同門会を開催しました(2015/3/27)。
熊本同門会を青柳で開催しました(2014/3/27)。

 2012年11/03(土)新地江山楼において、第4回若手同門会を開催し盛会でした。写真館に写真を何枚かupしました。同門会会長、副会長、副会長補佐が決まりました。

 2010年4/17(土)ホテルニュー長崎において、西田教授就任を記念して、第3回若手同門会を開催しました。写真館に写真を何枚かupしました。 第3回 若手同門会 案内

●京都同門会 2009/3/27 金 19時より、場所:京都タワー地下
 薬学会が久しぶりに京都で開催されるということで、関西在住のOBと同門会を開きました。向先生の研究室の院生も合流して、いろいろな話に花が咲きました。今回は、西田准教授が薬学会で宮田記念学術論文賞を受賞したお祝いもサプライズで企画されてました。川上先生、幹事御苦労様でした。11月には京都で薬物動態学会が開かれますので、また再会を誓いました。

●第2回若手同門会 2008/11/2 土 18時より、場所:手羽屋
 今回は新しい試みとして、先輩方の話しを拝聴する同門会セミナーを行いました。山村先輩、川上先輩、稲岡先輩らの熱きメッセージに、現教室員も何かをつかんでくれたようです(先輩方、大変お疲れ様でした)。それから、手羽屋で懇親会を行い、皆さんの近況などを聞くことができ、非常に有意義な同門会となりました。

●同門会セミナー
・企業のOB代表:山村先輩(参天製薬)
・大学のOB代表:川上先輩(京都大学)
・臨床のOB代表:稲岡先輩(長大病院薬剤部)

●プチ若手同門会 2007/5/12 土 19時より、場所:長崎パークサイドホテル
 新メンバーが揃い、新学期が始まりました。学生実習も始まり、5/12土には、実習打ち上げ、歓迎会を行いますが、OBとの交流を深めるために、長崎県および近県の薬剤OBと一緒にプチ若手同門会を長崎パークサイドホテルにおいて行いました。OBが10名も参加してくれて、楽しい時間を過ごせました。


第1回薬剤学研究室若手同門会(仮称)のお誘い

―文責 H12修士卒 能勢誠一―
拝啓 残暑厳しいおりから、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
昨年より、西田先生のお声掛けの下、これまで当研究室になかった「同門会」の立ち上げを検討し、この度、「第一回薬剤学研究室若手同門会(仮称)」を企画致しました。この会には平成4年以降の卒業生ならびに在学生の方を招待させて頂いております。同じ教室で学んだ先輩や後輩たちとの交流を持つ、そして遠く離れてしまった同級生とまた語らう、いい機会になればと考えておりますので、ご多用中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、是非ご出席下さいますようお願い申し上げます。
敬具

●日時 2006年10月28日(土)19:00〜
第一回ということで、人数の予測ができないため、現時点で会場、会費ともに未定となっております(長崎市内ではありますが・・・)。ご出席いただく方には追ってご連絡申し上げますので、何卒ご了承下さい。以上
お問合せ先 能勢 誠一(のせせいいち)


薬剤学研究室同門会・・・の発足会のお知らせ

薬剤学研究室同門会発足準備委員会
西田 孝洋/兒玉 幸修/能勢 誠一

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
突然ですが皆さん、
 「なぜうちの教室には同門会がないんだろう?」
 「薬剤の先輩や後輩と飲んでみたいなぁ」
と思ったことはありませんか?
やりたいな、と思ってもなかなか見ず知らずの先輩や後輩は誘いにくかったり、いろいろ大変なので実現せずに今日まで、時間だけが無情にも流れてきましたが、ここらでいっちょ、立ち上げてみようではありませんか!
・・・といっても今回は準備期間が短く、恩師の先生、卒業された先輩全員に連絡が取れたわけではないので、参加人数も少なく、「同門会」と銘打つには足らない会かもしれませんが、今後どのように広げていくか、どのように深めていくかを、酒を酌み交わしながら話し合う、そんな会にしたいと考えております。
つきましては、下記の要項にて会を催したいと考えておりますので、ご参加いただきまして、会を盛り上げていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

2005/8/20(紅灯記:長崎市万才町)

2005年盛夏