5627 since 2008.05
Last updated 03/27/12

薬剤学研究室HPへ戻る

 はじめに
 2006年長崎大学FD:サマー・ワークショップ 課題探求・解決型授業の支援V「レポート課題の出し方と作成支援」のHPを作成しました。情報処理演習を担当している関係で、情報検索や活用については、こだわりがありますので、演習にいろいろな工夫をしています。レポートの書き方を本格的に学んでいない若輩者ですが、レポート課題の出し方と作成支援については、情報処理教育の観点からいろいろなアドバイスができるかと思い、FDの講師を引き受けた次第です。FDについては、平成16年度には、「情報セキュリティ・モラルの教育方法」、平成17年度には、「新情報カリキュラムにおける情報処理教育の具体的事例」について講師をして、自分なりに成長したと思いますので、本FDによる自分自身の成長が楽しみです。2007年には、レポート作成力upを目指した簡単なWord演習やピアレビューを試み、LMS(WebClass)でのレポート提出を実践します。

 FDシラバス 「レポート課題の出し方と作成支援の実践」2007年実施
  • 概要:
     授業や演習の成績評価の手法として、レポート課題はよく用いられています。テーマの設定、レポートの回収方法、成績評価など、レポート課題には、考慮すべき事項はいくつもありますが、学生にレポートを漠然と課されてないでしょうか?ワークショップでは、レポートの課題の出し方について、レポート課題の具体的な例やピアレビューなど新しい試みを紹介します。
     現状では、ほとんどの学生は本格的なレポートの書き方のトレーニングを、これまでに受けていません。また近年では、レポート作成には、インターネットやPCの活用スキルは必須となっています。特に、アイディアや収集データの整理、章立てや項目の構成には、WordやPowerPointを有効活用できます。そこで、情報検索・整理・活用といった情報処理演習を通じて、実践的にレポート作成の支援を試みるWordなどのコンテンツを紹介し、実際に演習します。
  • 対象者:
    レポート課題の出し方や関連の情報活用スキルに関心のある教員
  • 計画:
    1.レポート課題の出し方
    課題の具体的例、出し方の工夫、回収方法(Eメールなど)、評価方法(ピアレビュー)
    2.レポート作成の支援1:情報検索
    剽窃の注意、データの信頼度、検索エンジン、検索方法、パスファインダー、適切な引用
    3.レポート作成の支援2:情報の整理・活用
    情報の整理、ソフトウエアとの連携(章立て・項目、アウトライン、脚注)
  • 日時・場所:
    8/30(木) 15:15〜17:15、9/10(月) 13:00〜15:00 at 全学252番教室
  • 備考:
    レポート課題の具体的な例や評価方法、問題点などについて、適宜自由討論する。

 公開ファイル 長崎大学リポジトリ

 参考書籍
  • 理・工・医・薬系学生のための 学術情報探索マニュアル 電子ジャーナルから特許・会議録まで、学術情報探索マニュアル編集委員会、丸善、4-621-07723-6(2006)
  • 論文の書き方マニュアル―ステップ式リサーチ戦略のすすめ 花井等・若松篤(1997)有斐閣アルマ
  • わかりやすい論文・レポートの書き方、安藤 喜久雄(1999)実業之日本社
  • レポート・論文の書き方入門 第3版、河野哲也(2002)慶應義塾大学出版会
  • インターネット完全活用編―大学生のためのレポート・論文術、小笠原喜康(2003)講談社
  • レポート・論文・プレゼン スキルズ―レポート・論文執筆の基礎とプレゼンテーション、石坂春秋(2003)くろしお出版
  • Wordを使った大学生のための論文作成術―思考技術・情報処理技術を書く力へ、佐良木昌(2004)明石書店
  • 論理的な文章の書き方が面白いほど身につく本、西村克己(2006)中経出版
 リンク集