本文へスキップ

* * * * *                                                            問い合わせ サイトマップ English

学会発表PRESENTATION

国際学会

■2017

The 19th Takeda Science Foundation Symposium on Bioscience(Osaka, Japan, January 20・21 2017)

○Shirotani K, Higuchi E, Yoshizaki R, Matsuo K, Asai M, Saito T, and Iwata N
Study on signal transduction from microglial receptor TREM2, a new risk factor of Alzheimer's disease
(#Poster 049; Abstract p. 117)

■2016

The 30th International College of Neuropsychopharmacology World Congress(Seuol, Republic of Korea, July 3~5 2016)

○Hatta D, Kajiyama K, Kurotaki N, Ozawa H, Asai M, Shirotani K, and Iwata N
Analysis of glutamate-induced processing of proline-rich transmembrane protein 2 (PRRT2)
(#PT608)

○Iwata N, Hori Y, Watanabe K, Kinoshita M, Kawano Y, Hatta D, Honda M, Asai M, Shirotani K, Ohyama K, Kuroda N, and Tanaka T
Disease-modifying therapy through enhancement of neuronal Aβ-degrading enzyme neprilysin activity for Alzheimer's disease
(#PT579)

The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences(Osaka, Japan, January 21・22 2016)

○Hatta D, Kajiyama K, Kurotaki N, Ozawa H, Asai M, Shirotani K, and Iwata N
Cleavage mechanism of PRRT2 induced by excitatory amino acid
(#Poster 114; Abstract p. 181)

○Asai M, Kawakubo T, Mori R, Kinjo A, Kimura S, Takashima S, Shirotani K, Maruyama K, Saido TC, and Iwata N
DYRK1A is a triple modulator of Down syndrome patients to development Alzheimer's disease
(#Poster 071; Abstract p. 138)

○Yoshizaki R, Higuchi E, Ikehara K, Colonna M, Hirayama M, Ohtsuki S, Asai M, Shirotani K, and Iwata N
Identification of ligands for TREM2, a novel risk factor of Alzheimer's disease, and its functional analysis
(#Poster 070; Abstract p. 137)

○Matsuo K, Ohtsuki S, Asai M, Shirotani K, Kondo T, Inoue H, and Iwata N
Development of biomarkers specific for Alzheimer's disease subgroups
(#Poster 069; Abstract p. 136)

○Hori Y, Watanabe K, Honda M, Kinoshita M, Kawano Y, Asai M, Shirotani K, Tanaka T, Ohyama K, Kuroda N, and Iwata N
Development of disease-modifying therapy via enhancement of Aβ degradation for Alzheimer's disease
(#Poster 068; Abstract p. 135)

○Mori R, Asai M, Kinjo A, Kawakubo T, Shirotani K, and Iwata N
Defective function of regulated α-secretase activity toward amyloid precursor protein in fibroblast derived from Down syndrome patients
(#Poster 043; Abstract p. 110)

■2015

Neuroscience 2015(Washington, DC, USA, October 17~21 2015)

○Tange H, Ohishi M, Kurotaki N, Morimoto Y, Ono S, Kusumoto Y, Yamada S, Shirotani K, Iwata N, Yoshiura K, Mori N, and Ozawa H
The epidemiological and molecular analysis of Paroxysmal kinesigenic dyskinesia in Japan
(#583.15)

The 135th Annual Meeting of Pharmaceutical Society of Japan(Kobe, Japan, March 25~28 2015)

○Iwata N
Disease-modifying therapy through enhancement of neprilysin activity for Alzheimer's disease
(#IS02-3)

The 18th Takeda Science Foundation Symposium on Bioscience(Osaka, Japan, January 15~17 2015)

○Morita T, Koide E, Watanabe K, Kondo T, Asai M, Shirotani K, Inoue H, and Iwata N
Autophagy dysfunction in the neuronal cells derived from Alzheimer's disease patients
(#P087; Abstract p. 141)

■2014

Dejima Challenge for Therapeutic Innovation(Nagasaki, Japan, March 14 2014)

○Asai M
Drug development for an Alzheimer’s disease subtype with intracellular accumulation of oligomeric forms of amyloid-β peptide
(Abstract p. 19)

The 5th Nagasaki-Hallym Joint Meeting on Neurobiology and Brain aging(Nagasaki, Japan, March 8 2014)

○Shirotani K
iPS study of sporadic Alzheimer's disease

The 4th Busan-Nagasaki Joint Symposium on Aging Research(Busan, South Korea, February 21 2014)

○Iwata N
Experimental gene therapy for Alzheimer's disease-A novel approach using a viral vector driving neuron-specific gene expression by intravascular administration
(Abstract p. 9)

■2013

2013 FASEB Summer Research Conference (SRC) "Calpains Function in Biology and Disease"(Saxtons River, VT, USA, July 21~26 2013)

○Hoffman PR, Hoffmann FW, Rose AH, Bertino P, Takano J, Iwata N, Saido TC, and Huang Z
Calpastatin prevents NFκB mediated hyperactivation of macrophages and attenuates colitis
(#10)

○Machado VM, Carreira BP, Azevedo MM, Morte MI, Takano J, Iwata N, Saido TC, Carvalho CM, and Araújo IM
Calpains and neurogenesis: Impairment of neural stem cell proliferation and neuroblast migration in calpastatin-/- mice
(#26)

Alzheimer's Association International Conference (AAIC 2013)(Vermont, MA, USA, July 13~18 2013)

○Asai M, Kondo T, Shirotani K, Tsukita K, Watanabe K, Maruyama K, Murakami K, Irie K, Klein WL, Mori H, Asada T, Inoue H, and Iwata N
Modeling Alzheimer's disease using iPS cells reveals stress phenotypes associated with intracellular β-amyloid oligomer and differential drug responsiveness
(#P1-093)

○Shirotani K, Kondo T, Asai M, Tsukita K, Watanabe K, Maruyama K, Murakami K, Irie K, Klein WL, Mori H, Asada T, Inoue H, and Iwata N
Modeling Alzheimer's disease using induced pluripotent stem cells from familial and sporadic Alzheimer's disease patients
(#P1-091)

○Saito T, Matsuba Y, Mihira N, Iwata N, Takano J, Nilsson P, and Saido TC
Update of novel type and more relevant model mouse for Alzheimer's disease
(#02-07-06)

The 8th International Meeting of the Portuguese Society for Stem Cells and Cell Therapies (SPCE-TC)(Faro, Portugal, May 9・10 2013)

○Machado VM, Carreira BP, Takano J, Iwata N, Saido TC, Carvalho CM, and Araújo IM
Impairment of proliferation of neural stem cells from calpastatin-deficient mice is prevented by calpain inhibition

The 11th International Conference on Alzheimer's & Parkinson's Diseases (AD/PD 2013)(Florence, Italy, March 6~10 2013)

○Asai M, Yahata N, Iwata N, and Inoue H
Anti-Aβ drug validation using human iPS cell-derived neurons for the treatment of Alzheimer's disease

○Nilsson P, Sekiguchi M, Matsuba Y, Tsubuki S, Hui K, Tanaka M, Iwata N, Saito T, and Saido TC
Aβ secretion and plaque formation depend on autophagy

■2012

The 6th Nagasaki Symposium on Tropical and Emerging Infectious Diseases / The 11th Nagasaki-Singapore Medical Symposium(Nagasaki, Japan, November 10~12 2012)

○Byaruhanga LA, Yahata K, Iwata N, and Kaneko O
Trafficking and assembly of export proteins in malaria parasite Plasmodium falciparum

The 42nd Annual Meeting of Society for Neuroscience (NEUROSCIENCE2012)(New Orleans, USA, October 13~17 2012)

○Yahata N, Asai M, Iwata N, and Inoue H
Anti-Amyloid β drug validation using human iPS cell-derived neurons for the treatment of Alzheimer's disease

Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2012(Vancouver, Canada, July 14~19 2012)

○Saito T, Matsuba Y, Mihira N, Takano J, Nilsson P, Iwata N, and Saido TC
APP knock-in mouse: a novel and more relevant model mouse for Alzheimer's disease

○Nilsson P, Iwata N, Saito T, Sekiguchi M, and Saido TC
Autophagy deficiency increases Aβ pathology and memory impairment in APP transgenic mice

■2011

Asian Aging Core for Longevity AACL-Nagasaki Symposium Japan-Korea Joint Conference on Brain Aging and Neurodegeneration: Molecular Perspectives and Regional Bridging(Nagasaki, Japan, November 21・22 2011)

○Iwata N
Modeling APP metabolism in the differentiated neurons derived from induced pluripotent stem cells and anti-Aβ drug screening platform

Alzheimer's Association International Conference(Paris, France, July 14~19 2011)

○Kato M, Yamaguchi Y, Honda T, Hashimoto Y, Wada Y, Taniguchi N, Iwata N, Saido TC, Saito T, Tachida Y, and Kitazume S
Brain endothelial cells produce amyloid β from amyloid precursor protein 770 and preferentially secrete the O-glycosylated form

The 10th International Conference of Alzheimer's and Parkinson's Disease (Barcelona, Spain, March 9~13 2011)

○Saido TC and Iwata N
Effect of neprilysin deficiency on deposition of pyroglutamyl amyloid b peptide and apolipoprotein E in APP-Tg mice




国内学会・ワークショップ・セミナー

■2017

第41回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム(阿蘇、2017年8月31日~9月2日) [NEW]

○堀 祐真、渡辺 かおり、地内 友香、Qian H、八田 大典、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆、岩田 修永
脂溶性カテキン誘導体によるAβ分解酵素ネプリライシンの活性増強作用
(#P-53; 要旨 p. 86)

 ザルトリウス九州シンポメモリアル賞を受賞しました

○髙島 志風、川久保 昂、世良田 星、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
Aβ分解酵素ネプリライシンの細胞内ドメインのリン酸化を介した活性制御メカニズムの解析
(#P-48; 要旨 p. 81)

○八田 大典、永井 大己、渡辺 かおり、地内 友香、堀 祐真、木下 晃、黒滝 直弘、小澤 寛樹、吉浦 孝一郎、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
様々な痙攣性神経疾患に関わる新規シナプス分子PRRT2の代謝動態と機能の解析
(#P-05; 要旨 p. 38)

 優秀発表賞を受賞しました

第22回日本病態プロテアーゼ学会学術集会(大阪、2017年8月11日・12日) [NEW]

○浅井 将、髙島 志風、川久保 昂、沖田 啓、世良田 星、城谷 圭朗、岩田 修永
DYRK1Aによるネプリライシンの細胞内領域のリン酸化の解析
(#05; 要旨 p. 28)

第40回日本神経科学大会(千葉、2017年7月20日~23日) [NEW]

○岩田 修永、堀 祐真、渡辺 かおり、地内 友香、河野 佑紀、八田 大典、本多 美佳子、沖田 啓、藤本 康平、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆
脳内ネプリライシン活性増強によるアルツハイマー病根本的治療薬の開発
(#1P-314; 要旨 p. 187)

○八田 大典、永井 大己、堀 祐真、木下 晃、黒滝 直弘、小澤 寛樹、吉浦 孝一郎、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
新規シナプス分子PRRT2の神経活動依存的プロセッシングとその意義
(#1P-092; 要旨 p. 164)

第59回日本小児神経学会学術集会(大阪、2017年6月15日~17日)

○浅井 将、高島 志風、岩田 修永
21トリソミーからアルツハイマー病を考える
(#SS3-2; 要旨 p. S 130)

平成29年度日本生化学会九州支部例会(宮崎、2017年5月13日・14日)

○城谷 圭朗、吉崎 涼平、樋口 恵理、浅井 将、岩田 修永
アルツハイマー病危険因子TREM2のリガンドおよびシグナル伝達機構の解析
(#P31; 要旨 p. 68)

○八田 大典、永井 大己、渡辺 かおり、地内 友香、堀 祐真、木下 晃、黒滝 直弘、小澤 寛樹、吉浦 孝一郎、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
新規シナプス分子PRRT2の解析
(#P30; 要旨 p. 67)

○堀 祐真、渡辺 かおり、地内 友香、髙島 志風、八田 大典、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆、岩田 修永
脂溶性カテキン誘導体による脳内ネプリライシン活性増強作用のin vivo解析(第2報)
(#P29; 要旨 p. 67)

 優秀ポスター発表賞を受賞しました

○岩田 修永、堀 祐真、沖田 啓、河野 佑紀、渡辺 かおり、地内 友香、髙島 志風、川久保 昂、藤本 康平、八田 大典、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆
ネプリライシンの発現・活性増強によるアルツハイマー病の創薬
(#O20; 要旨 p. 48)

Center for Development of Advanced Medicine for Dementiaセミナー(大府、2017年4月21日)

○岩田 修永
アミロイド蓄積の異なる分子メカニズムに対応するアルツハイマー病の創薬と診断法開発の必要性

日本薬学会第137年会(仙台、2017年3月24日~27日)

○門冨 竜之介、吉田 さくら、岩田 修永、浅井 将、淵上 剛志、原武 衛、丸山 敬、中山 守雄
Aβを産生する神経細胞における必須微量元素セレンの機能解明に向けたアプローチ
(#27PA-pm036S; DVD要旨集)

第90回日本薬理学会年会(長崎、2017年3月15日~17日)

○岩田 修永、松尾 和哉、大槻 純男、浅井 将、近藤 孝之、井上 治久、城谷 圭朗
患者由来iPS細胞を利用したアルツハイマー病のサブタイプ特異的バイオマーカーの探索
(#2-P-2; p. 284)

○浅井 将、金城 亜衣美、木村 祥子、森 亮太郎、川久保 昂、高島 志風、城谷 圭朗、柳下 聡介、丸山 敬、岩田 修永
ダウン症患者におけるネプリライシンおよびタウの発現変化
(#2-P-1; p. 284)

■2016

第33回日本薬学会九州支部大会(鹿児島、2016年12月3日・4日)

○浅井 将、金城 亜衣美、木村 祥子、森 亮太郎、川久保 昂、高島 志風、城谷 圭朗、岩田 修永
カルシニューリン-NFATシグナルの調節異常がアルツハイマー病関連遺伝子に与える影響
(#1-C-11; 要旨 p. 51)

○松尾 和哉、大槻 純男、浅井 将、城谷 圭朗、近藤 孝之、井上 治久、岩田 修永
アルツハイマー病サブグループのバイオマーカーの探索
(#1-C-10; 要旨 p. 50)

○森 亮太郎、川久保 昂、木村 祥子、高島 志風、城谷 圭朗、岩田 修永、浅井 将
ダウン症細胞における構成的および調節的αセクレターゼ活性の変化とアルツハイマー病神経病理の早期化との関連性
(#1-C-09; 要旨 p. 49)

○八田 大典、永井 大己、梶山 啓助、堀 祐真、黒滝 直弘、小澤 寛樹、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
新規シナプス分子PRRT2の神経興奮依存的プロセッシング機構の解明
(#1-C-02; 要旨 p. 42)

○吉崎 涼平、樋口 恵理、Marco Colonna、斉藤 隆、浅井 将、岩田 修永、城谷 圭朗
アルツハイマー病新規危険因子TREM2の機能解析
(#1-C-01; 要旨 p. 41)

第35回日本認知症学会学術集会(東京、2016年12月1日~3日)

○浅井 将、金城 亜衣美、木村 祥子、森 亮太郎、川久保 昂、高島 志風、城谷 圭朗、柳下 聡介、丸山 敬、岩田 修永
ダウン症患者で見られる転写調節異常とアルツハイマー病の病態
(#269; 要旨 p. 180)

○城谷 圭朗、樋口 恵理、吉崎 涼平、松尾 和哉、浅井 将、斉藤 隆、岩田 修永
TREM2のリガンドおよびシグナル伝達機構の解析
(#125; 要旨 p. 144)

○岩田 修永、松尾 和哉、大槻 純男、浅井 将、近藤 孝之、井上 治久、城谷 圭朗
患者由来iPS細胞を利用したアルツハイマー病のバイオマーカーの探索
(#124; 要旨 p. 143)

○川久保 昂、森 亮太郎、木村 祥子、高島 志風、垣矢 直雅、津吹 聡、西道 隆臣、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
DYRK1AとRCAN1がもたらすアルツハイマー病神経病理における機能的役割に関する研究
(#112; 要旨 p. 140)

○堀 祐真、渡辺 かおり、木下 ももか、河野 佑紀、八田 大典、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆、岩田 修永
Aβ分解酵素ネプリライシン活性増強化合物のin vivo評価
(#006; 要旨 p. 114)

第89回日本生化学会大会(仙台、2016年9月25日~27日)

○河野 佑紀、本多 美佳子、藤本 康平、堀 祐真、八田 大典、渡辺 かおり、木下 ももか、浅井 将、城谷 圭朗、大山 要、黒田 直敬、田中 隆、岩田 修永
カテキンによるβセクレターゼ活性調節作用のメカニズムの解析
(#2P-360; p. 171/#2T17-05; p. 97)

 若手優秀発表賞を受賞しました

○堀 祐真、渡辺 かおり、木下 ももか、河野 佑紀、八田 大典、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆、岩田 修永
Aβ分解酵素ネプリライシン活性増強化合物のin vivo評価
(#2P-358; p. 171/#2T17-03; p. 97)

○吉崎 涼平、樋口 恵理、マルコ コロナ、齊藤 隆、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
アルツハイマー病新規リスク因子TREM2の機能解析
(#2P-357; p. 171)

○木下 ももか、福田 純也、渡辺 かおり、堀 祐真、八田 大典、河野 佑紀、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆、岩田 修永
新規天然ポリフェノールによるαセクレターゼ増強およびβセクレターゼ活性抑制作用について
(#2P-356; p. 170)

○岩田 修永、松尾 和哉、森田 知樹、渡辺 かおり、八田 大典、浅井 将、八幡 直樹、近藤 孝之、井上 治久、関 恒慶、小林 千浩、戸田 達史、城谷 圭朗
γセクレターゼによるAPP-CTFβのγ切断部位を調節する内在性分子の解析
(#2P-355; p. 170)

○松尾 和哉、吉崎 涼平、大槻 純男、浅井 将、城谷 圭朗、近藤 孝之、井上 治久、岩田 修永
アルツハイマー病サブグループのバイオマーカーの探索
(#2P-354; p. 170)

○川久保 昂、森 亮太郎、木村 祥子、高島 志風、宮田 愛彦、垣矢 直雅、津吹 聡、西道 隆臣、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
ダウン症関連遺伝子DYRK1AとRCAN1がもたらすアルツハイマー病神経病理における機能的役割に関する研究
(#2P-352; p. 170/#2T17-01; p. 97)

 若手優秀発表賞を受賞しました

○森 亮太郎、浅井 将、木村 祥子、川久保 昂、城谷 圭朗、趙 一夢、石浦 章一、岩田 修永
ダウン症患者における早期アルツハイマー病発症とαセクレターゼ活性の関連解析
(#1P-329; p. 136)

○八田 大典、梶山 啓助、永井 大己、堀 祐真、黒滝 直弘、小澤 寛樹、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
発作性運動誘発性舞踏アテトーゼの発症に関わるproline-rich transmembrane protein 2の神経興奮誘導性プロセッシングの解析
(#1P-320; p. 135)

長崎大学薬学部育薬研究教育センターキックオフシンポジウム(長崎、2016年9月24日)

○木村 祥子、浅井 将、高島 志風、城谷 圭朗、岩田 修永
ウルソール酸のAPP代謝およびAβ分解への効果解析
(#P2)

○樋口 恵理、吉崎 涼平、浅井 将、斉藤 隆、城谷 圭朗、岩田 修永
アルツハイマー病の危険因子TREM2のシグナル伝達機構の解析
(#P1)

第40回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム(鹿児島、2016年8月26日)

○岩田 修永
アルツハイマー病の創薬研究の新機軸
(要旨 p. 20・21)

第4回日本アミロイドーシス研究会(東京、2016年8月19日)

○岩田 修永、堀 祐真、木下 ももか、渡辺 かおり、八田 大典、河野 佑紀、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆
Aβの産生阻害と分解促進を作用点とする薬剤の開発
(#2-1; 要旨 p. 32)

第21回日本病態プロテアーゼ学会学術集会(大阪、2016年8月5日・6日)

○川久保 昂、森 亮太郎、木村 祥子、高島 志風、宮田 愛彦、池内 健、丸山 敬、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
DYRK1ARCAN1によるネプリライシン活性調節機構の解析
(#18; 要旨 p. 34)

○木下 ももか、福田 純也、渡辺 かおり、堀 祐真、八田 大典、河野 佑紀、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆、岩田 修永
天然ポリフェノール化合物によるαセクレターゼおよびβセクレターゼ活性調節作用の解析
(#14; 要旨 p. 32)

第46回日本神経精神薬理学会年会(ソウル(韓国)、2016年7月2日・3日)

○八田 大典、梶山 啓助、黒滝 直弘、小澤 寛樹、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
発作性運動誘発性舞踏アテトーゼ原因遺伝子PRRT2のグルタミン酸誘導性プロセッシングの解析
(#P16-3; 要旨 p. 229)

第58回日本小児神経学会学術集会(新宿、2016年6月3日~5日)

○黒滝 直弘、小澤 寛樹、斎藤 加代子、齋藤 伸二、吉浦 孝一朗、岩田 修永、城谷 圭朗、白石 裕一
発作性運動誘発性アテトーゼ(PKD)の合併症とPRRT2変異解との関連解析
(#P-222: p. S 86)

第57回日本神経学会学術大会(神戸、2016年5月18日~21日)

○黒滝 直弘、小澤 寛樹、斉藤 伸二、斎藤 加代子、吉浦 孝一朗、岩田 修永、城谷 圭朗、白石 裕一
日本における発作性運動誘発性アテトーゼ(PKD)におけるPRRT2遺伝子の変異解析
(#Pj-106-4: p. 409)

平成28年度日本生化学会九州支部例会(鹿児島、2016年5月14日・15日)

○岩田 修永、森田 知樹、八田 大典、渡辺 かおり、浅井 将、近藤 孝之、井上 治久、城谷 圭朗
アルツハイマー病Aβ分子種Aβ42/Aβ40の産生比を制御する分子の解析
(#P02; 要旨 p. 49)

○河野 佑紀、本多 美佳子、堀 祐真、八田 大典、渡辺 かおり、木下 ももか、浅井 将、城谷 圭朗、大山 要、黒田 直敬、田中 隆、岩田 修永
脂溶性カテキン誘導体によるネプリライシン活性増強メカニズムの解析
(#B24; 要旨 p. 48)

○堀 祐真、渡辺 かおり、木下 ももか、河野 佑紀、八田 大典、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆、岩田 修永
脂溶性カテキン誘導体による脳内ネプリライシン活性増強作用のin vivo解析
(#B23; 要旨 p. 48)

○八田 大典、梶山 啓助、堀 祐真、黒滝 直弘、小澤 寛樹、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
発作性運動誘発性舞踏アテトーゼ原因遺伝子PRRT2のグルタミン酸誘導性プロセッシングの解析
(#B16; 要旨 p. 44)

○城谷 圭朗、樋口 恵理、吉崎 涼平、浅井 将、斉藤 隆、岩田 修永
新規アルツハイマー病危険志TREM2からのシグナル伝達機構の解析
(#B12; 要旨 p. 36)

日本薬学会第136年会(横浜、2016年3月26日~29日)

○浅井 将、川久保 昂、森 亮太郎、岩田 修永
ダウン症患者における早期アルツハイマー病発症メカニズムの解明
(#S54-2; DVD要旨集)

■2015

BMB2015(第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会)(神戸、2015年12月1日~4日)

○浅井 将、川久保 昂、森 亮太郎、金城 亜衣美、木村 祥子、高島 志風、城谷 圭朗、岩田 修永
21番染色体に存在するアミロイド分解酵素活性修飾因子の解析
(#3P1237; p. 578/#4T15L-07; p. 250)

第32回日本薬学会九州支部大会(延岡、2015年11月28日・29日)

○森 亮太郎、浅井 将、金城 亜衣美、川久保 昂、木村 祥子、高島 志風、城谷 圭朗、岩田 修永
21トリソミーで見られるプロテインキナーゼCを介した調節的αセクレターゼ活性抑制とアルツハイマー病発症の関連解析
(#1-B-04; 要旨 p. 25)

第33回日本神経治療学会総会(名古屋、2015年11月26日~28日)

○岩田 修永、堀 祐真、本多 美佳子、木下 ももか、河野 佑紀、渡辺 かおり、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆
アルツハイマー病の根本的治療薬開発を目指したネプリライシン活性増強化合物の創製
(#S8 3; 要旨 p. 700)

第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(熊本、2015年11月19日・20日)

○城谷 圭朗、吉崎 涼平、池原 健太、樋口 恵理、山口 芳樹、平山 未央、大槻 純男、浅井 将、岩田 修永
新規膜受容体型危険因子によるアルツハイマー病発症機構の解析
(#B2-O-7; 要旨 p. 137)

○八田 大典、梶山 啓助、黒滝 直弘、小澤 寛樹、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
発作性運動誘発性舞踏アテトーゼ原因遺伝子PRRT2の興奮性アミノ酸刺激による切断機序の解析
(#A1-OE-10; 要旨 p. 71)

BioJapan2015(横浜、2015年10月14日~16日)

○岩田 修永
新しい作用点を有するアルツハイマー型認知症の根本的治療薬

第34回日本認知症学会学術集会(青森、2015年10月2日~4日)

○岩田 修永
Aβ分解系を作用点とするアルツハイマー病の創薬研究
(#シンポジウム15 1; 要旨 p. 99)

○城谷 圭朗、吉崎 涼平、池原 健太、樋口 恵理、山口 芳樹、平山 未央、大槻 純男、浅井 将、岩田 修永
アルツハイマー病危険因子による発症機構
(#356; 要旨 p. 207)

○浅井 将、川久保 昂、森 亮太郎、金城 亜衣美、木村 祥子、高島 志風、城谷 圭朗、岩田 修永
ダウン症患者におけるアミロイド易蓄積性についての研究
(#176; 要旨 p. 162)

○本多 美佳子、河野 佑紀、堀 祐真、渡辺 かおり、大山 要、浅井 将、城谷 圭朗、黒田 直敬、田中 隆、岩田 修永
ポリフェノール類によるネプリライシン及びαセクレターゼ活性増強メカニズムの解析
(#165; 要旨 p. 160)

○森田 知樹、小出 恵理子、八田 大典、渡辺 かおり、近藤 孝之、浅井 将、城谷 圭朗、井上 治久、岩田 修永
アルツハイマー病患者iPS細胞由来神経細胞におけるオートファジーの機能破綻
(#144; 要旨 p. 154)

○堀 祐真、門冨 竜之介、青山 知世、渡辺 かおり、木下 ももか、本多 美佳子、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆、岩田 修永
ポリフェノール類によるネプリライシン及びαセクレターゼ活性の増強作用
(#005; 要旨 p. 120)

 学会奨励賞を受賞しました

第37回日本生物学的精神医学会・第45回日本神経精神薬理学会 合同年会(東京、2015年9月24日~26日)

○岩田 修永
Aβ分解系を作用点とするアルツハイマー病の創薬研究
(#S21-2; 要旨 p. 140)

○八田 大典、梶山 啓助、浅井 将、黒滝 直弘、小澤 寛樹、城谷 圭朗、岩田 修永
発作性運動誘発性舞踏アテトーゼ原因遺伝子PRRT2の細胞内プロセッシングおよび代謝メカニズムの解析
(#O2-4; 要旨 p. 168)

○岩田 修永、八田 大典、梶山 啓助、浅井 将、黒滝 直弘、小澤 寛樹、城谷 圭朗
発作性運動誘発性舞踏アテトーゼ原因遺伝子PRRT2の発現解析
(#P1-54; 要旨 p. 188)

第20回日本病態プロテアーゼ学会学術集会(名古屋、2015年8月21日・22日)

○岩田 修永、堀 祐真、門冨 竜之介、青山 知世、渡辺 かおり、木下 ももか、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆
脂溶性ポリフェノール誘導体によるネプリライシンおよびαセクレターゼ活性の増強作用
(#27; 要旨 p. 54)

○森 亮太郎、浅井 将、金城 亜衣美、川久保 昂、城谷 圭朗、岩田 修永
ダウン症患者におけるαセクレターゼの解析
(#23; 要旨 p. 52)

○川久保 昂、浅井 将、森 亮太郎、金城 亜衣美、木村 祥子、城谷 圭朗、岩田 修永
21トリソミーがもたらすアミロイド易蓄積性に関する研究
(#22; 要旨 p. 51)

○金城 亜衣美、浅井 将、川久保 昂、森 亮太郎、木村 祥子、城谷 圭朗、栁下 聡介、丸山 敬、岩田 修永
ダウン症とアルツハイマー病におけるNFATシグナルの包括的解析
(#21; 要旨 p. 51)

認知症研究を知る若手研究者の集まり2015(高崎、2015年8月1日・2日)

○八田 大典
発作性運動誘発性舞踏アテトーゼ原因遺伝子PRRT2の細胞内プロセッシングおよび代謝メカニズムの解析
(#若手発表VI-9)

○堀 祐真
ポリフェノール類によるネプリライシン及びαセクレターゼ活性の増強作用
(#若手発表V-5)

医療薬学フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム(名古屋、2015年7月4日・5日)

○岩田 修永
アルツハイマー病の病態発現機序を基盤とした新薬開発の現状や新たな治療の試み
(#S14-1; 要旨 p. 185)

平成27年度日本生化学会九州支部例会(福岡、2015年5月16日・17日)

○松尾 和哉、大槻 純男、浅井 将、城谷 圭朗、近藤 孝之、井上 治久、岩田 修永
疾患iPS細胞を用いたアルツハイマー病サブタイプ特異的バイオマーカーの探索
(#B21; 要旨 p. 59)

○八田 大典、黒滝 直弘、小澤 寛樹、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
発作性運動誘発性舞踏アテトーゼ原因遺伝子PRRT2の細胞内プロセッシングの解析
(#B20; 要旨 p. 59)

○堀 祐真、高橋 茜、本多 美佳子、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
グルタミニルシクラーゼ活性を検出するための抗ピログルタミル化ペプチド抗体の作製
(#B11; 要旨 p. 44)

○吉崎 涼平、能登 雄太、山本 一夫、大槻 純男、平山 未央、西道 隆臣、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
モデルマウスを用いたアルツハイマー病炎症修飾因子のプロテオミクス解析
(#B10; 要旨 p. 43)

○浅井 将、川久保 昂、森 亮太郎、金城 亜衣美、木村 祥子、城谷 圭朗、岩田 修永
第21番染色体存在分子のアミロイドβペプチド分解活性への影響
(#B09; 要旨 p. 43)

○岩田 修永、門冨 竜之介、青山 知世、渡辺 かおり、木下 ももか、浅井 将、城谷 圭朗、田中 隆
アルツハイマー病Aβの産生と分解を同時に制御する化合物の創製
(#B08; 要旨 p. 42)

国際バイオテクノロジー展 BIO tech 2015アカデミックフォーラム(東京、2015年5月15日)

○岩田 修永
新しい作用点を有するアルツハイマー型認知症の根本的治療薬

日本薬学会第135年会(神戸、2015年3月25日~28日)

○川久保 昂、金城 亜衣美、池原 健太、宮田 愛彦、池内 健、丸山 敬、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
アルツハイマー病神経病理におけるDYRK1AとRCAN1の機能的役割に関する研究
(#27V-am12S)

JST-再生医療実現拠点ネットワークプログラム [疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究]・JST-CREST[iPS細胞領域]合同シンポジウム(東京、2015年2月23日)

○岩田 修永
iPS細胞を用いたアルツハイマー病の病態解析

○岩田 修永、森田 知樹、小出 恵理子、渡辺 かおり、近藤 孝之、井上 治久、浅井 将、城谷 圭朗
患者iPS細胞由来神経細胞を用いたアルツハイマー病の病態解析 -Aβ蓄積とオートファジーの機能破綻-

第2回先導的薬剤師の未来像を考えるシンポジウム(長崎、2015年2月14日)

○川久保 昂、金城 亜衣美、池原 健太、宮田 愛彦、垣矢 直雅、津吹 聡、西道 隆臣、池内 健、丸山 敬、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
アルツハイマー病神経病理におけるDYRK1AとRCAN1の機能的役割に関する研究
(#P23)

■2014

第31回日本薬学会九州支部大会(福岡、2014年12月6日・7日)

○森田 知樹、小出 恵理子、渡辺 かおり、近藤 孝之、浅井 将、城谷 圭朗、井上 治久、岩田 修永
アルツハイマー病患者の iPS 細胞由来神経細胞におけるオートファジーの機能破綻
(#1-B-15; 要旨 p. 49)

○池原 健太、樋口 恵理、平山 未央、大槻 純男、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
新規アルツハイマー病リスク因子による発症メカニズムの解析
(#1-B-14; 要旨 p. 48)

○能登 雄太、吉崎 涼平、門冨 竜之介、森田 知樹、浅井 将、城谷 圭朗、平山 未央、大槻 純男、武田 晃、阿保 博仁、山本 一夫、関口 みさき、西道 隆臣、岩田 修永
モデルマウスを用いたアルツハイマー病病態修飾因子のプロテオミクス解析
(#1-B-13; 要旨 p. 47)

○高橋 茜、本多 美佳子、服部 芳野、浅井 将、城谷 圭朗、樋口 真人、西道 隆臣、岩田 修永
グルタミニルシクラーゼの酵素学的特性がアミロイド病理に与える影響
(#1-B-12; 要旨 p. 46)

 優秀発表賞を受賞しました

第33回日本認知症学会学術集会(横浜、2014年11月29日~12月1日)

○Nilsson P、Hui K、津吹 聡、赤木 巧、和泉 伸一、小守 壽文、田中 元雅、齋藤 貴志、岩田 修永、西道 隆臣
Alzheimer's disease Aβ secretion and plaque formation depend on autophagy
(#1-2; 要旨 p. 60)

○城谷 圭朗、能登 雄太、髙橋 茜、森田 知樹、小出 恵理子、浅井 将、近藤 孝之、井上 治久、岩田 修永
アルツハイマー病iPS細胞由来神経細胞のオートファジー関連分子の解析
(#1-3; 要旨 p. 60)

○岩田 修永、髙橋 茜、川久保 昂、斉藤 貴志、樋口 真人、柴田 宏昭、村松 慎一、西道 隆臣
AAVベクターを用いたアルツハイマー病防御遺伝子補充療法
(#6-3; 要旨 p. 72)

○浅井 将、能登 雄太、久松 翼、森田 知樹、城谷 圭朗、丸山 敬、大河内 正康、武田 雅俊、岩田 修永
第III相臨床試験薬Semagacestat(LY450139)による認知機能悪化の原因解析
(#006; 要旨 p. 102)

○髙橋 茜、本多 美佳子、服部 芳野、川久保 昂、浅井 将、城谷 圭朗、樋口 真人、西道 隆臣、岩田 修永
Aβピログル化酵素グルタミルシクラーゼの酵素学的特性についての検討
(#023; 要旨 p. 106)

○能登 雄太、吉崎 涼平、門冨 竜之介、森田 知樹、浅井 将、城谷 圭朗、武田 晃、山本 一夫、西道 隆臣、岩田 修永
モデルマウスを用いたアルツハイマー病病態修飾因子のプロテオミクス解析
(#065; 要旨 p. 117)

沖縄認知症ネットワーク研究会第24回学術集会(那覇、2014年11月15日)

○岩田 修永
アルツハイマー病の病態メカニズムと新たな治療の試み

第87回日本生化学会大会(京都、2014年10月15日~18日)

○能登 雄太、吉崎 涼平、門冨 竜之介、森田 知樹、浅井 将、城谷 圭朗、武田 晃、阿保 博仁、山本 一夫、関口 みさき、西道 隆臣、岩田 修永
モデルマウスを用いたアルツハイマー病病態修飾因子のプロテオミクス解析
(#4P-016; 要旨 p. 165)

○浅井 将、能登 雄太、久松 翼、森田 知樹、城谷 圭朗、丸山 敬、大河内 正康、武田 雅俊、岩田 修永
γセクレターゼ阻害剤セマガセスタットのAβ産生に及ぼす影響
(#4P-014; 要旨 p. 164)

第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会 合同年会(奈良、2014年9月29日~10月2日)

○岩田 修永
アルツハイマー病原因解明や治療方法確立へのAAVの利用

第33回日本糖質学会年会(名古屋、2014年8月10日~12日)

○城谷 圭朗
iPS細胞を駆使した認知症のグライコバイオロジー
(p. 38)

第19回日本病態プロテアーゼ学会学術集会(豊中、2014年8月8日・9日)

○小出 恵理子、森田 知樹、渡辺 かおり、近藤 孝之、浅井 将、城谷 圭朗、井上 治久、岩田 修永
アルツハイマー病患者iPS細胞由来神経細胞におけるオートファジーの機能破綻
(#29; 要旨 p. 45)

 学会奨励賞を受賞しました

認知症研究を知る若手研究者の集まり2014(熱海、2014年7月26日・27日)

○小出 恵理子
Aβの細胞内蓄積によるオートファジーの機能破綻
(#若手発表IV-8; 要旨 p. 20)

平成26年度日本生化学会九州支部例会(福岡、2014年5月17日・18日)

○川久保 昂、金城 亜衣美、池原 健太、丸山 敬、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
アルツハイマー病病理におけるDYRK1AとRCAN1の機能的役割について
(B06; 要旨 p. 36)

長崎県小児科医会総会 学術講演会 特別講演(長崎、2014年4月19日)

○岩田 修永
iPS細胞を用いたアルツハイマー病の発症機構と遺伝子治療

日本薬学会第134年会(熊本、2014年3月27日~30日)

○城谷 圭朗、星 京香、苅谷 慶喜、奈良 清光、伊藤 浩美、松本 加奈、長江 雅倫、山口 芳樹、中島 円、宮嶋 雅一、新井 一、久野 敦、成松 久、橋本 康弘、岩田 修永
レクチンによる抗体抗原反応の阻害を利用した糖タンパク質迅速測定法の開発
(#30pmL-103, 要旨集4 p. 131)

○浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
疾患iPS細胞を用いたアルツハイマー病オリゴマー仮説の検証
(#S16-3, 要旨集1 p. 135)

○北爪 しのぶ、木塚 康彦、藤縄 玲子、斉藤 貴志、岩田 修永、西道 隆臣、中の 三弥子、山口 芳樹、橋本 康弘、初田 裕幸、村山 繁雄、萬谷 博、遠藤 玉夫、谷口 直之
BACE1細胞内安定性をコントロールするバイセクト糖鎖
(#S16-2, 要旨集1 p. 135)

iPS細胞研究の今 「iPS細胞」研究支援3制度合同シンポジウム2014(東京、2014年1月14日・15日)

○浅井 将、中野 梨絵、小出 恵理子、森田 知樹、荒木 希、渡邊 かおり、八幡 直樹、関 恒慶、小林 千浩、戸田 達史、城谷 圭朗、井上 治久、岩田 修永
iPS細胞の神経分化過程におけるAβ42/Aβ40産生比の変化とその責任遺伝子の解析
(#32)

■2013

第30回日本薬学会九州支部大会(佐世保、2013年12月7日・8日)

○久松 翼、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
γセクレターゼ阻害剤セマガセスタットによるlong Aβ産生促進作用

○川久保 昂、金城 亜衣美、池原 健太、浅井 将、城谷 圭朗、岩田 修永
DYRK1AとRCAN1はアルツハイマー病のアミロイドおよびタウ病理を悪化させるデュアルモジュレーターである

第32回日本認知症学会学術集会(松本、2013年11月8日~10日)

○岩田 修永
アルツハイマー病患者由来iPS細胞を用いた研究の現状と展望

○中野 梨絵、浅井 将、近藤 孝之、月田 香代子、渡邊 かおり、門谷 千恵、村上 一馬、入江 一浩、Klein L. William,森 啓、丸山 敬、朝田 隆、城谷 圭朗、井上 治久、岩田 修永
アルツハイマー病患者iPS細胞由来神経系細胞におけるAβオリゴマーの細胞毒性

 学会奨励賞を受賞しました

○岩田 修永、森田 知樹、高橋 茜、関口 みさき、服部 芳野、浅井 将、村松 慎一、季 斌、樋口 真人、西道 隆臣
末梢血投与型・脳内発現ウイルスベクターの開発とアルツハイマー病の実験的遺伝子治療

第23回日本臨床精神神経薬理学会・第43回日本神経精神薬理学会 合同年会(沖縄、2013年10月24日~26日)

○岩田 修永、近藤 孝之、浅井 将、月田 香代子、渡邊 かおり、門谷 千恵、村上 一馬、入江 一浩、Klein L. William,森 啓、丸山 敬、朝田 隆、井上 治久
患者由来iPS細胞を用いた孤発性アルツハイマー病のサブタイプ化と個別化医療を目指した創薬研究

長崎市南西部地域医療協議会(長崎、2013年10月21日)

○岩田 修永
アルツハイマー病のiPS細胞を用いた病態解析と遺伝子治療

第86回日本生化学会大会(横浜、2013年9月11日~13日)

○浅井 将、中野 梨絵、荒木 希、渡邊 かおり、八幡 直樹、関 恒慶、小林 千浩、戸田 達史、城谷 圭朗、井上 治久、岩田 修永
神経分化過程におけるAβ40とAβ42の産生比の変化とその責任遺伝子の解析

○高橋 茜、関口 みさき、服部 芳野、浅井 将、村松 慎一、季 斌、樋口 真人、西道 隆臣、岩田 修永
末梢循環血投与型・神経細胞特異的遺伝子発現ウイルスベクターを用いたアルツハイマー病の実験的遺伝子治療

岩田 修永、○池原 健太、近藤 孝之、浅井 将、月田 香代子、渡邊 かおり、門谷 千恵、村上 一馬、入江 一浩、Klein L. William,森 啓、丸山 敬、朝田 隆、井上 治久
患者由来iPS細胞を用いたアルツハイマー病の病態解析

生体機能と創薬シンポジウム2013(福岡、2013年8月29日・30日)

○岩田 修永
患者由来iPS細胞を用いたアルツハイマー病の病態解析と治療戦略

第22回長崎県認知症研究会(長崎、2013年8月27日)

○岩田 修永
疾患特異的iPS細胞を用いたアルツハイマー病の病態解析

第1回創薬セミナー(長崎、2013年8月22日)

○岩田 修永
末梢循環血に投与し脳内神経細胞特異的に遺伝子発現をもたらす遺伝子治療薬の開発とその応用例

第18回日本病態プロテアーゼ学会学術集会(大阪、2013年8月16日・17日)

○岩田 修永
アルツハイマー病のiPS細胞を用いた病態解析と遺伝子治療

認知症研究を知る若手研究者の集まり2013(湯河原、2013年7月27日・28日)

○山下 雄也、日出山 拓人、寺本 さやか、高野 二郎、岩田 修永、西道 隆臣、郭 伸
Calpain がALS のTDP-43 病理形成に役割を果たす

第19回日本遺伝子治療学会学術集会(岡山、2013年7月4日~6日)

○Iwata N, Sekiguchi M, Hattori Y, Takahashi A, Asai M, Ji B, Higuchi M, Muramatsu S, and Saido TC
Global and effective gene delivery of neprilysin to the brain via intravascular administration of AAV vector in Alzheimer's disease mice

第35回神経組織培養研究会(吹田、2013年6月29日・30日)

○山下 雄也、日出山 拓人、寺本 さやか、高野 二郎、岩田 修永、西道 隆臣、郭 伸
CalpainがALSのTDP-43病理形成に果たす役割

Neuro2013(第36回日本神経科学大会、第56回日本神経化学会大会、第23回日本神経回路学会大会 合同大会)(京都、2013年6月20日~23日)

○山下 雄也、日出山 拓人、寺本 さやか、高野 二郎、岩田 修永、西道 隆臣、郭 伸
CalpainがALSのTDP-43病理形成に果たす役割

第54回日本神経学会学術大会(東京、2013年5月29日~6月1日)

○近藤 孝之、八幡 直樹、舟山 美里、月田 香代子、浅井 将、岩田 修永、川勝 忍、和泉 唯信、梶 龍兒、朝田 隆、高橋 良輔、井上 治久
家族性アルツハイマー病患者由来iPS細胞の樹立と解析

平成25年度日本生化学会九州支部例会(佐賀、2013年5月18日・19日)

○門谷 千恵、浅井 将、近藤 孝之、渡邊 かおり、中野 梨絵、井上 治久、岩田 修永
疾患iPS細胞を用いたアルツハイマー病の病態解析~一括りにされていた孤発性アルツハイマー病のサブタイプの同定~

○高橋 茜、服部 芳野、関口 みさき、浅井 将、村松 慎一、季 斌、樋口 真人、西道 隆臣、岩田 修永
末梢循環血に投与し脳内神経細胞特異的に遺伝子発現をもたらす遺伝子治療用ウイルスベクターの開発とその応用例

○能登 雄太、久松 翼、浅井 将、城谷 圭朗、西道 隆臣、岩田 修永
モデルマウスを用いたアルツハイマー病病態修飾因子のプロテオミクス解析

日本薬学会第133年会(横浜、2013年3月27日~30日)

○城谷 圭朗、二川 了次、奈良 清光、星 京香、齋藤 利江、遠山 ゆり子、北爪 しのぶ、湯浅 龍彦、宮嶋 雅一、新井 一、久野 敦、成松 久、岩田 修永、橋本 康弘
認知症の糖鎖バイオマーカーのハイスループット測定法

長崎大学「感染症・放射線障害を中心とする下村脩博士ノーベル化学賞顕彰記念創薬拠点における研究支援と高度化」 創薬シンポジウム:アカデミア創薬と探索医療(長崎、2013年3月19日)

○岩田 修永
疾患特異的iPS細胞を用いたアルツハイマー病の病態解析と創薬研究

世保市医師会勤務医部会総会学術講演会(佐世保、2013年2月15日)

○岩田 修永
iPS細胞技術を応用したアルツハイマー病病態解析と創薬および診断法の開発研究

■2012

第85回日本生化学会大会(福岡、2012年12月14日~16日)

黒川 裕美、○浅井 将、川久保 昂、中野 梨絵、門谷 千恵、久松 翼、松下 隼士、中嶋 義隆、平尾 理恵、西谷 芳昭、芳本 忠、伊藤 潔、岩田 修永
G179S変異体を用いたクレアチニナーゼの基質および金属イオン親和性の解析

Mohamed Mustafa MS、中嶋 義隆、尾山 廣、芳本 忠、小山 裕也、大河原 晋、岩田 修永、○伊藤 潔
細菌由来オリゴペプチダーゼBの基質阻害

第29回日本薬学会九州支部大会(熊本、2012年12月8日・9日)

○服部 芳野、関口 みさき、高橋 茜、浅井 将、青山 知世、村松 慎一、季 斌、樋口 真人、岩田 修永、西道 隆臣
血管内投与型脳内発現ウイルスベクターを用いたアルツハイマー病の実験的遺伝子治療

 優秀発表賞を受賞しました

第31回日本認知症学会学術集会(つくば、2012年10月26日~28日)

○大島 悦子、石原 武士、横田 修、寺田 整司、高野 二郎、岩田 修永、樋口 真人、西道 隆臣、内富 庸介
タウオパチーモデルマウスにおけるタウの凝集とカルパイン活性の関係について

○斉藤 貴志、松葉 由紀夫、三平 尚美、岩田 修永、高野 二郎、Nilsson P、西道 隆臣
新規APPノックインマウスの作製と応用

○柳田 寛太、大河内 正康、田上 真次、児玉 高志、森原 剛史、田中 稔久、工藤 喬、岩田 修永、西道 隆臣、武田 雅俊
APL2βの産生メカニズムの解析(2) APL2βはネプリライシンで切断される

第127回日本薬理学会関東部会(東京、2012年10月20日)

○栁下 聡介、浅井 将、岩田 修永、西道 隆臣、石浦 章一、丸山 敬
カテプシンBを介したアミロイド前駆体タンパク質の代謝経路

第35回日本神経科学大会(名古屋、2012年9月18日~21日)

○八幡 直樹、浅井 将、岩田 修永、井上 治久
ヒトiPS細胞を用いたアルツハイマー病治療薬探索基盤の開発

第53回日本神経学会学術大会(東京、2012年5月22日~25日)

○岩田 修永
Nピログルタミル化したアミロイドの病的メカニズムとピログルタミル化酵素阻害薬による治療の可能性

○八幡 直樹、浅井 将、岩田 修永、井上 治久
ヒトiPS細胞を用いたアルツハイマー病治療薬探索基盤の開発

第85回日本薬理学会年会(京都、2012年3月14日~16日)

○浅井 将、八幡 直樹、丸山 敬、西道 隆臣、岩田 修永、井上 治久
ヒトiPS細胞を用いたアルツハイマー病治療薬探索基盤の開発

■2011

第18回日本生物工学会九州支部福岡大会(福岡、2011年12月10日)

○Mohamed Mustafa MS、中嶋 義隆、岩田 修永、伊藤 潔
Substrate inhibition of bacterial oligopeptidase B

第1回メトロポリタン脳の老化・認知症フォーラム(東京、2011年11月29日)

○岩田 修永
アルツハイマー病の分子病態と根本治療に向けた創薬研究の現状と未来

第30回日本認知症学会学術集会(東京、2011年11月11日~13日)

○浅井 将、八幡 直樹、北岡 志保、高橋 和利、浅香 勲、日置 寛之、金子 武嗣、丸山 敬、西道 隆臣、中畑 龍俊、山中 伸弥、岩田 修永、井上 治久
iPS細胞由来神経細胞におけるAβ産生とセクレターゼ阻害剤に対する応答

第84回日本生化学会大会(京都、2011年9月21日~24日)

○大元 崇裕、田中 祐輔、佐保 洪成、角谷 尚美、山下 輝樹、中嶋 義隆、伊藤 潔、岩田 修永
ヒト由来ピューロマイシン感受性アミノペプチダーゼの発現と大腸菌アミノペプチダーゼNとの比較

○Mohamed Mustafa MS、中嶋 義隆、服部 芳野、黒川 裕美、岩田 修永、伊藤 潔
細菌由来オリゴペプチダーゼBの発現、精製と結晶化の試み

○浅井 将、八幡 直樹、北岡 志保、高橋 和利、浅香 勲、日置 寛之、金子 武嗣、丸山 敬、西道 隆臣、中畑 龍俊、山中 伸弥、岩田 修永、井上 治久
iPS細胞由来神経細胞におけるAβ産生とセクレターゼ阻害剤に対する応答

第16回日本病態プロテアーゼ学会学術集会(大阪、2011年8月26日・27日)

○浅井 将、八幡 直樹、北岡 志保、高橋 和利、浅香 勲、日置 寛之、金子 武嗣、丸山 敬、西道 隆臣、中畑 龍俊、山中 伸弥、岩田 修永、井上 治久
iPS細胞由来神経細胞におけるAβ産生とセクレターゼ阻害剤に対する応答

平成23年度九州薬科学研究教育連合大学院生合同研修プログラム(長崎、2011年7月22日~25日)

○岩田 修永
アルツハイマー病の病態と創薬

第10回地域薬剤師卒後教育研修センター講演会(長崎、2011年5月28日)

○岩田 修永
アルツハイマー病の分子病態と根本的治療薬の研究〜開発の最近の動向~

第84回日本薬理学会年会(横浜、2011年3月22日~24日: 誌上開催に変更)

○浅井 将、岩田 修永、西道 隆臣、淡路 健雄、丸山 敬
Effect of an approved KM2309 on APP metabolism and Aβ degradation

     

バナースペース

長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科
生命薬科学専攻 分子創薬科学講座
ゲノム創薬学研究室

〒852-8521
長崎県長崎市文教町1-14

Tel・Fax:
  095-819-2437
E-mail:
  mol_bio@ml.nagasaki-u.ac.jp