ホーム > 研究内容・業績

研究内容

  • 脳やがんを標的とした外部刺激応答性DDSの開発
  • 標的指向型リポソームの製剤設計と機能評価
  • 遺伝子・核酸デリバリーシステムの開発
  • ナノバイオテクノロジーの医療応用に関する研究
  • 医薬品の有効性・安全性評価に関する研究

受賞と研究業績

最終更新: 2017年11月22日

受賞(2017年)

  1. 萩森政頼 准教授、2017年2月2日、コニカミノルタ画像科学奨励賞
    「神経細胞における亜鉛シグナリングを可視化する分子内電荷移動制御型蛍光センサー分子の開発」
    (→ コニカミノルタ科学技術振興財団によるページ
  2. 薬科学科4年 加藤直也、2017年3月、平成28年度 薬科学科分野横断型卒業研究ポスター発表会 優秀発表賞
    「非へリックス直線性ペプチドスペーサーによるがんへの標的性を高めたin vivoイメージングプローブの開発」
    (→ 薬学部広報 [PDF]
  3. 博士課程1年 小川昂輝、2017年5月、日本薬剤学会永井財団大学院学生スカラシップ受賞
    「超音波応答性遺伝子/ナノバブル複合体を用いた脳への遺伝子導入法の開発」
  4. 薬学科6年 米澤敬大、2017年9月、長崎大学薬学部 育薬研究教育センター 第1回 若手シンポジウム 優秀ポスター賞
    「バブルリポソームと超音波照射の組み合わせによる部位を限局した腹膜中皮細胞への遺伝子導入法の評価」

特許(2017年)

  1. 麓 伸太郎、川上 茂、西田孝洋:生体由来材料の透明化試薬、特願2017-30702(出願日 2017年2月22日)、出願人:長崎大学

研究業績(2017年)

→ 論文
→ 学会発表

論文

英文・総説

  1. Kawakami S: Foreword, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 65(7), 611 (2017)(IF: 1.133)
  2. Hagimori M, Fuchigami Y, Kawakami S†: Peptide-based cancer targeting DDS and molecular imaging, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 65(7), 618-624 (2017) (†: corresponding author) (IF: 1.133)

英文・原著

  1. Matsumoto T, Takahashi K, Inuzuka T, Kim S.K., Kurosaki T, Kawakami S, Chiba T, Seno H, Marusawa H: Activation of TNF-α-AID axis and co-inhibitory signals in coordination with Th1-type immunity in a mouse model recapitulating hepatitis B, Antiviral Research, 139, 138-145 (2017) (IF: 4.271)
  2. Wada M, Yamaguchi A, Ogawa A, Kido H, Nakamura S, Takada M, Kawakami S, Kuroda N, and Nakashima K: Luminol chemiluminescence profile of O/W emulsions during thermal oxidation, Analytical Sciences, 33, 249-252 (2017) (IF: 1.228)
  3. Abdalkader R, Kawakami S†, Unga J, Higuchi Y, Suzuki R, Maruyama K, Yamashita F, and Hashida M†: The development of mechanically formed stable nanobubbles intended for sonoporation-mediated gene transfection, Drug Delivery, 24, 320-327 (2017) (IF: 6.402) (†: corresponding authors)
  4. Suga T, Fuchigami Y, Hagimori M, and Kawakami S†: Ligand peptide grafted PEGylated liposomes using HER2 targeted peptide-lipid derivatives for targeted delivery in breast cancer cells: the effect of serine-glycine repeated peptides as a spacer, International Journal of Pharmaceutics, 521(1-2), 361-364 (2017) (IF: 3.649) (†: corresponding author)
  5. Chantarasrivong C, Ueki A, Ohyama R, Unga J, Nakamura S, Nakanishi I, Higuchi Y, Kawakami S, Ando H, Imamura A, Ishida H, Yamashita F, Kiso M, Hashida M: Synthesis and functional characterization of novel sialyl LewisX mimic-decorated liposomes for E-selectin-mediated targeting to inflamed endothelial cells, Molecular Pharmaceutics, 14(5), 1528-1537 (2017) (IF: 4.440)
  6. Nishimura K, Fumoto S†, Fuchigami Y, Hagimori M, Maruyama K, Kawakami S†: Effective intraperitoneal gene transfection system using nanobubbles and ultrasound irradiation, Drug Delivery, 24(1), 737-744 (2017) (IF: 6.402) (†: corresponding authors)
  7. Oyama N, Fuchigami Y, Fumoto S, Sato M, Hagimori M, Shimizu K, Kawakami S†: Characterization of transgene expression and pDNA distribution of the suctioned kidney in mice, Drug Delivery, 24, 906-917 (2017) (IF: 6.402) (†: corresponding author)
  8. Hagimori M, Hatabe E, Sano K, Miyazaki H, Sasaki H, Saji H, Mukai T: An activatable fluorescent γ-polyglutamic acid complex for sentinel lymph node imaging, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 40(3), 297-302 (2017) (IF: 1.683)
  9. Kodama Y, Hanamura H, Muro T, Nakagawa H, Kurosaki T, Nakamura T, Kitahara T, Kawakami S, Nakashima M, Sasaki H: Gene delivery system of pDNA using the blood glycoprotein fetuin, Journal of Drug Targeting, in press (IF: 3.068)
  10. Hagimori M, Temma T, Kudo S, Sano K, Kondo N, Mukai T: Synthesis of radioiodinated probes targeted toward matrix metalloproteinase-12, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, in press (2017) (IF: 2.454)

和文

  1. 渕上由貴、川上茂:遺伝子導入試薬、Drug Delivery System, 32(1), 66–68 (2017)
  2. 萩森政頼、水山奈央子、小川昂輝、川上 茂、向高弘、佐治英郎:亜鉛検出用蛍光プローブの開発とその応用、亜鉛栄養治療、8(1), 12-18(2017)

学会発表

特別講演

  1. 川上茂:医療イノベーションにおけるDDS、第41回西日本薬剤学研究会、2017年8月25日、大分
  2. 川上 茂:くすりの上手な使い方、放送大学長崎同窓会、2017年10月1日
  3. 川上 茂:医療イノベーション推進におけるDDS研究、平成29年度長薬同窓会近畿支部会、2017年10月15日、大阪
  4. 依頼講演

    1. 川上 茂:くすりの知識:品質と効果を最大限引き出す方法、放送大学・県立長崎図書館 公開講座、2017年8月6日、長崎
    2. 萩森政頼:亜鉛検出用蛍光プローブの開発とその応用、第15回亜鉛栄養治療研究会、2017年8月5日、大阪
    3. 一般講演

      1. Shintaro Fumoto, Eriko Kinoshita, Shojiro Shimokawa, Naho Ohira, Hirotaka Miyamoto, Shigeru Kawakami and Koyo Nishida: Seebest: Novel Tissue Optical Clearing Method Preserving Lipid Structure, The 1st ABiS Symposium: Towards the Future of Advanced Bioimaging for Life Sciences, Okazaki, February 19–20, 2017
      2. Yusuke Miura, Yuki Fuchigami, Hiroki Sato, Masayori Hagimori and Shigeru Kawakami: Evaluation of controlling factor of drug delivery to brain with nanobubbles and ultrasound irradiation, International Symposium on Drug Delivery and Pharmaceutical Sciences: Beyond the History, Kyoto, March 9–10, 2017
      3. Yuki Fuchigami, Koki Ogawa, Shintaro Fumoto, Koyo Nishida, Masayori Hagimori and Shigeru Kawakami: Evaluation of transgene expression in brain using stabilized bubble lipopolyplexes with ultrasound irradiation in mice, International Symposium on Drug Delivery and Pharmaceutical Sciences: Beyond the History, Kyoto, March 9–10, 2017
      4. 西村光洋、麓伸太郎、渕上由貴、萩森政頼、丸山一雄、川上 茂:腹膜線維症治療に向けた超音波応答性ナノバブルによる腹腔内組織への遺伝子導入法の開発、平成28年度 第4回超音波分子診断治療研究会、2017年3月11日、福岡
      5. 渕上由貴、三浦雄介、小川昂輝、萩森政頼、麓伸太郎、川上 茂:超音波応答性ナノバブルによる脳指向DDSにおける脳内への薬物動態の評価、日本薬学会第137年会、2017年3月24–27日、宮城
      6. 小川昂輝、渕上由貴、麓伸太郎、萩森政頼、川上 茂:超音波応答性遺伝子/ナノバブル複合体を用いた脳への遺伝子導入法の開発、日本薬剤学会第32年会、2017年5月11-13日、埼玉
      7. 加藤直也、萩森政頼、渕上由貴、川上茂:非ヘリックスペプチドスペーサーによるがんへの標的性を高めた近赤外蛍光標識PEGリポソームの開発、第12回日本分子イメージング学会、5月25–26日、神奈川
      8. 大山奈津子、渕上由貴、麓伸太郎、萩森政頼、清水一憲、川上 茂:腎臓吸引圧法における吸引圧を施した腎臓での間質線維芽細胞特異的な遺伝子送達・発現、遺伝子・デリバリー研究会第17回シンポジウム、2017年5月27日、大阪
      9. 木下瑛莉子、麓 伸太郎、下川正二朗、大平奈穂、宮元敬天、川上 茂、西田孝洋:ハイドロダイナミクス法における遺伝子発現と酸化ストレスの組織中相対的空間分布の評価、遺伝子・デリバリー研究会第17回シンポジウム、2017年5月27日、大阪
      10. 川上 茂、菅 忠明、渕上由貴、黒田直敬、萩森政頼:インテグリン発現細胞指向性を有する新規RGD修飾リポソームの開発、第33回日本DDS学会学術集会、2017年7月6–7日、京都
      11. 川口真帆、小川昂輝、渕上由貴、麓 伸太郎、萩森政頼、川上 茂:超音波応答性遺伝子/ナノバブル複合体による肝臓での遺伝子発現特性評価、第33回日本DDS学会学術集会、2017年7月6–7日、京都
      12. 下川正二朗、麓 伸太郎、木下瑛莉子、宮元敬天、川上 茂、西田孝洋:新規組織透明化法Seebestによる酸化ストレスの組織中空間分布の可視化、第33回日本DDS学会学術集会、2017年7月6–7日、京都
      13. 菅 忠明、萩森政頼、加藤直也、渕上由貴、川上 茂:リポソーム・ナノバブルの標的指向化を目的とした新規機能性脂質の開発、第 41回西日本薬剤学研究会、2017年8月25–26日、大分
      14. 大山奈津子、渕上由貴、川口真帆、萩森政頼、麓伸太郎、川上 茂:腎臓へのin vivo遺伝子導入における遺伝子発現・送達の空間分布、遺伝子・デリバリー研究会第17回夏季セミナー、2017年9月3-4日、熱海
      15. 麓伸太郎、木下瑛莉子、下川正二朗、宮元敬天、川上茂、西田孝洋: 組織透明化法Seebestにおける低波長域の観察可能深度の改善、遺伝子・デリバリー研究会第17回夏季セミナー、2017年9月3-4日、熱海
      16. Jian Qing Peng, Shintaro Fumoto, Hirotaka Miyamoto, Tadaharu Suga, Shigeru Kawakami, Koyo Nishida: Lipid-based calcium carbonate nanoparticles for co-delivery of drugs and proteins、遺伝子・デリバリー研究会第17回夏季セミナー、2017年9月3-4日、熱海
      17. 小川昂輝、渕上由貴、植木郁花、三浦雄介、麓伸太郎、萩森政頼、川上 茂:超音波応答性ナノバブル複合体を用いた脳および癌組織へのin vivo遺伝子導入法の開発、第23回創剤フォーラム若手研究会、2017年9月9日、東京
      18. Tadaharu Suga, Masayori Hagimori, Naoya Kato, Yuki Fuchigami, Naotaka Kuroda, and Shigeru Kawakami: Targeted drug delivery of Integrin αvβ3-targeted peptide-modified PEGylated liposomes in Colon cancer cells, 11th Young Investigator Symposium on Clinical Pharmaceutical Sciences, October 21-22, 2017, Kyoto
      19. Ayana Haraguchi, Yuki Fuchigami, Kaname Ohyama, Shintaro Fumoto, Masayori Hagimori, and Shigeru Kawakami: Hepatic distribution characteristics of macromolecules in a suctioned liver using the tissue cleaning methods in mice, 11th Young Investigator Symposium on Clinical Pharmaceutical Sciences, October 21-22, 2017, Kyoto
      20. 大山奈津子、渕上由貴、川口真帆、麓伸太郎、萩森政頼、川上 茂:組織吸引圧を利用した腎臓特異的な遺伝子導入法の開発、高度先導的薬剤師の養成とそのグローカルな活躍を推進するアドバンスト教育研究プログラムの共同開発 シンポジウム「大学4年制博士課程に臨まれる薬学研究を考える」、2017年10月22日、福岡
      21. 三浦雄介、渕上由貴、萩森政頼、川上 茂:超音波応答性ナノバブルリポソームを用いた5-フルオロウラシルの脳内送達法における薬物動態評価、第34回日本薬剤学会九州支部大会、2017年11月25-26日、熊本
      22. 西村光洋、麓伸太郎、渕上由貴、萩森政頼、川上 茂:ナノバブルと超音波照射を用いた腹腔内へのHGF遺伝子導入による腹膜線維症抑制の評価、第34回日本薬剤学会九州支部大会、2017年11月25-26日、熊本
      23. 萩森政頼、狩峰 寧、加藤直也、水山奈央子、渕上由貴、佐治英郎、向 高弘、川上 茂:生体内遊離亜鉛の可視化を目的とした蛍光プローブの開発、第34回日本薬剤学会九州支部大会、2017年11月25-26日、熊本
      24. 菅 忠明、加藤直也、王薇、渕上由貴、黒田直敬、萩森政頼、川上 茂:PEG修飾DDSキャリアにおけるペプチドリガンド提示効率の向上を目的とした新規機能性脂質の有効性評価、第34回日本薬剤学会九州支部大会、2017年11月25-26日、熊本
      25. 川口真帆、大山奈津子、渕上由貴、麓伸太郎、鶴丸雅子、萩森政頼、川上 茂:超音波応答性遺伝子/ナノバブル複合体による肝臓に対する遺伝子発現特性の評価、第7回日本バイオマテリアル学会九州ブロック講演会、2017年12月8日、福岡
      26. Naoya Kato, Masayori Hagimori, Tadaharu Suga, Yuki Fuchigami and Shigeru Kawakami: Development of integrin αvβ3 targeted peptide-lipids modified PEGylated liposome for cancer imaging, 第7回日本バイオマテリアル学会九州ブロック講演会、2017年12月8日、福岡

      その他(2017年)

      川上教授がオーガナイザーを務めた「Current Topics - Stimuli-Responsive Systems of Therapeutics」がChemical and Pharmaceutical Bulletin誌の表紙に選ばれました。

↑ PAGE TOP

医薬品情報学分野
〒852-8588 長崎市坂本1-7-1 長崎大学医歯薬学総合研究棟7階
Tel/Fax: 095-819-8563

Copyright © Department of Pharmaceutical Informatics. All Rights Reserved.
Web Design:Template-Party